CANDY

愛はどんな味でしょうか?

辛いことの中にちょっとある最高の日

 

 

 

 

始まりましたね、

いや、始まって結構経ちましたね

 

  

わたしは5箇所くらいにエントリーして

東京公演と大宮公演に当選したわけですけども、


好きだから出来る限り会いに行きたいし

大好きだから、それが出来ないと悲しいし

……ちょっと寂しくて……ちょっと悔しい………

いろんな複雑な感情が合わさって

結局は単純に「楽しみ」になるのです

 

 

 

「ライブ」とは「「生きてる」ってこと」って

誰かに言われてずっと覚えてるんですけど

目の前にあるステージに立つその人の

「 生 」を感じるのはもちろん、

「生」の楽器の音とか声とか客席とか

ステージの熱とかギターの弦と指先が

擦れる音とか、気持ちとか。

 

家でこそこそヘッドフォンで聴いてるだけじゃ

絶対感じられないような事が沢山感じられて、

その場にいる自分が「生きてる」っていうことも

ビシバシ感じられる、

それがライブであり音楽であるんじゃないかなと

 

 

 

普段の生活の中で「生きてるなぁ、自分」

ってなかなか思わないって言うか、

そもそも思えるタイミング無くないですか?

 


生きることに対するベクトルが低い自分に

とってそういう瞬間って結構大事で、

その為に生きてるって思える、

確かに今を生きてるって思える音楽に

出会えただけでもかなり幸せだなぁと思うのです

 

好きなひとが紡ぐ言葉と生み出す音楽を

溺れるくらい、苦しくなるくらい、

身体と心いっぱいになるまで感じたい。

 

 

 

だからぼくはあの人に会いに行きます

 

 

 

▶︎この曲について、このことについて、本気出して考えてみてくれ等のリクエスト、感想、その他諸々なんでも、両腕を広げて待ってます。質問箱までお送りください。優しい言葉でお願いします

 

質問箱▹https://bit.ly/30eJLmY

 

 

 

もしも高橋優が秋田に生まれてなかったら

 

 

 

 

 

 

もしも高橋優が秋田に生まれてなかったら

 

 

もしも高橋優が秋田に生まれてなかったら。大都会東京に生まれていたら、恐らく「リアルタイムシンガーソングライター高橋優」は生まれていなかったと思う。もしも東京に生まれてたとしたら高橋優は世間を憂いたり自分を卑下したりひねくれたり闇を持ったり光を持ったり故郷を愛したりしない、ごくごく普通の眼鏡のサラリーマンか通訳さんか…とにかく普通の仕事をして普通に家庭を持ち普通に人生を歩む何の変哲もないただの「普通の高橋さん」になっていたんじゃないだろうか。

 

 

彼の全てが秋田の山奥で培われたとは到底思えないし思わないけれど少なからずその人間を構築するにあたって生まれ育った環境はそれなりに影響があると思う。田舎というのは良い意味でも悪い意味でも「閉鎖された空間」だから悪い事も良い事もすぐ広まるしすぐ蔓延する。ましてやそんな田舎の「学校」なんて所は更に範囲が狭まって閉鎖されるから尚更。人によっては、生きやすい温室にも息苦しくて生きにくい場所にもなる。逆に「夢」や「希望」の類はとてもクリアに見えるのかもしれない。

 


生まれた街で感じた苦しさや窮屈さが今の彼の一部になっているんだとしたら、反骨精神みたいなものが東京から遠く離れた秋田だったからこそ培われたのだとしたら、東京への憧れは遠くに居ないと生まれない特別な感情だろうし、あの独特な空気感や雰囲気の端に感じる親しみやすさも秋田という土地ならではなのではないだろうか。

 


出身の村が合併して今はもう無いとか家の裏にある山で夜な夜な歌の練習してたとか電柱より生えてる木の方が多いとか日本全国どこでも体験できます!みたいなことをしていない彼だからこそ、人口が減り続けて高齢化が止まらない若者が流れていく地元を音楽でなんとかしたい!とか、自分の音楽で何か出来ることは…と思えるんじゃないだろうか。良い意味で窮屈で不便だったからこそ、後にその土地に対して愛が生まれたんじゃないだろうか。

 

 

 

 


もしも高橋優が秋田に生まれてなかったら「高橋優」という人間も思想も音楽も存在しなかったでしょう。そんな自分の世界を考えてみて。

 

 

 

どうしようもない憤りを感じたとき

死にたくなるくらい悲しかったとき

嬉しくて楽しくて幸せを沢山感じたとき

挫けてしまったとき

倒れてしまったとき

何も見えなくなってしまったとき

 


そこには彼の音楽も言葉も無い。

 


そこは人間だから、それが無いなら無いで別の「何か」が「高橋優」になり得たポジションに収まって何ら不自由なく生きていくんだろうけれど高橋優という存在を知った上でこんな「もしも」を考えると怖さにも近い寂しさが湧いてくる。

 


月並みなことを言うけれど、色々考え出すと結局全てが「奇跡」なんだろうなという結論に至る。

 

高橋家に少し遅れて末っ子長男として高橋優が生まれたことも、そこが秋田県だったことも、音楽が好きになったことも、祖母が亡くなった悲しみの中で偶然出演したイベントに現事務所のマネージャーが見に来ていたことも、そのマネージャーが当時の高橋優に何かを感じたことも、全部奇跡だ。

 
逆に聞く側にも何度か奇跡が起きないと高橋優の音楽には出会えてないはず。リスナーの数だけ奇跡が起きてると思うと…なんて言うとなんだか某歌手の歌詞みたいになってくるけれど本当にそう思う。あなたは一体どんな奇跡を起こしましたんですか?

 

 

長々と好き勝手に書いてきたけれど、結局のところ「秋田に生まれてきてくれてありがとう」という気持ちなんだ。「お前一体誰ポジションなんだよ」って言う自分の声も聞こえるけれど、高橋優という人間と同じ時代生まれ生きているこの瞬間が奇跡なんだきっと。彼の音楽で心を動かしているこの瞬間が奇跡。あぁ、なんてチープな表現なんでしょう。

 

でもね、割と本気でそう思ってるんだ。

 

 

 

もしも高橋優が秋田に生まれてなかったら、

   きっと高橋優は存在していなかっただろう。

 

▶︎この曲について、このことについて本気出して考えてみてくれ等のリクエスト、感想、その他諸々なんでも、両腕を広げて待ってます。質問箱までお送りください。優しい言葉でお願いします

 

質問箱▹https://bit.ly/30eJLmY

 

 

今日もどこかで誰かが鳴らされてる

 

 

ラクション / 高橋優

 

クラクション

クラクション

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥255

 

 

 

わたくし、この曲かなり好きです。

 


高橋優ってどちらかと言うと

″抽象的″ より ″直接的″ な表現を

得意とするソングライター!みたいな、

そういうイメージあるかもしれないけど

この曲に出てくる言葉たちは割かし

抽象的というか意味を曖昧にしてるというか

聞く側に大きな余韻が生まれるというか、

 


そんな曲です

 


オシャレ!!!

メロディも良い意味でらしくなくて好き。

 


日常をこんなふうに表現出来るってことは

そういう風に感じながら生きてるってことで

それって結構疲れそうだけど

その豊かすぎる感受性と深入りしまくる

感情移入が彼の売りの大事なひとつだと

思っているので……どんどんお願いしたい。

 


わたしも子供の頃から道端で踏まれて

死んでる虫とかに感情移入して死ぬ瞬間を

想像して泣いたりしてた変な子だったので

分かりますけど、感情移入し易いひとって

それが良い時と悪い時があるんですよね

 


多分、高橋優は道に捨てられた空き缶にも

感情移入出来て空き缶から見る空も鮮明に

見えるタイプだと思うんです、知らないけど


私みたいな感受性豊かで感情移入しやすい

一般ピーポーはただ生きにくいだけですけど

何かを表現する人にとっては

これ以上無い才能なんじゃないでしょうか

 

 

何をかけてごはん食べてたんだろう?

いくら?じゃこ?しらす?とんぶり?

たまごかけごはんは偶に猛烈に食べたくなるね

 

 

「その数字と悲しみが比例する訳じゃない」


一人亡くなったって百人亡くなったって

残された人の悲しみは変わらない


「一人で済んで良かったね」

なんて思わないし言えないし、

命は数字なんかでは表せられない

 

 

善と悪だけじゃない

 

間違ってる、そう思うしそうとしか思わない

間違ってることは間違いないのに

その正解は分からないしどうしようも

出来なくてただテレビが気紛れに流す

その様子を見ては心を痛めて無力を

感じる、ああなんて自分本意な気持ちなんだ


なんだかんだ言っても自分のこと以外は

知らん顔してた方が楽だし?

人の幸せなんか、人の不幸なんか、

知らねぇやって言ってるようにも聞こえる

 

柔らかい音符と雰囲気だけど

言ってることは結構ヘビー、

って高橋優の得意技ですよね好きです

 


一体どんなごはんを食べてどんな環境で育ったら

こんな素敵な言葉達を生み出せるんだろう

 

一度ポカッと開けて頭の中を覗いてみたい

 

 

 

▶︎この曲について、このことについて本気出して考えてみてくれ等のリクエスト、感想、その他諸々なんでも、両腕を広げて待ってます。質問箱までお送りください。優しい言葉でお願いします

 

質問箱▹https://bit.ly/30eJLmY

 

 

君のヤキモチを食べたい

 

 

 

ヤキモチ / 高橋優

 

 

 

めっちゃくっちゃ高橋優だなぁ〜

 

ヤキモチ

ヤキモチ

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

確か深夜食堂という深夜ドラマのエンディングでしたね

「この曲ドラマと全然合ってないな」って思ってました

そのウン年後こうしてブログに書くことになるとは。

ごめんね当時の高橋優……2014年か…モジャっとしてた頃だね……えっ?6年前?…震える…つい最近じゃないの………当時のわたし…何歳ですか?……何歳だと思いますか……?教えませんけど…

 

 

時の流れのスピードに震えながら始めます…

 

 

 

なんで彼女は昔の男の話なんかしたんですか?

 

絶対このひとヤキモチ焼きじゃん

すぐ焼くじゃん。すぐモチ取り出すじゃん。

彼女は彼の言葉の節々にそれを感じていたはずよ

 

彼女がわざとヤキモチ焼かせて

愛情を深めようとした可能性あるけど

このひとのヤキモチはただのモチじゃないんだ

常人には飲み込めないんだよ残念だったな

 

個人的にきっと高橋優って

人間としても男の人としてもこういう人

なんだろうなって思いながら聞いてるんですけど

もしこれも想像とか感情移入で

書いてるんだとしたら地面にひれ伏します

 

 

「だったね」「〜たよ」

「忘れない」「忘れたくない」

えっ…待って突然全部「過去形」になるんですけど…

 

もしかして……ヤキモチが原因で

別れちゃったの!?とかなんとか思ってると

 

「これからも君が好きだよ」「ずっと抱きしめたい」

 

エェ!?何!?どういう!?!?

結局この二人はどうなったんだ問題、

わたしはヤキモチ原因で別れてると思う。

これからも君が好きもずっと抱きしめたいも

こっちの気持ちだから別に別れてても

なんとでも言えちゃうと思うからです…

 

 

「誰かを心から思える幸せを

                    いつまでも忘れたくない」

 

またそうやって切ないこと言う〜〜〜

そう思えるようになる前の高橋くんを

想像して苦しくなるおばさんは

警察沙汰になるくらいお布団叩くよ。

 

 

この歌聴いてると切なくなるし

男性と女性の脳みその違いみたいなもの感じますよね

一緒に居られるだけで幸せだけじゃダメなんだよ

高橋くん…ほら、女の人は現実主義だから…

空気とか気ままラブソングでも感じられるけど

「刹那的」じゃだめなんだよ高橋ィ〜〜〜〜〜

それが切なくて好きなんですけど……

 

「幸せ」を歌っているはずなのに

ハッピーエンドじゃないの辛くないですか?

「想い」が強すぎて、想いが重すぎて

ダメになるなんて辛くないですか?

…あれなんか涙出てきた……

 

まぁ…

私はヤキモチ焼くしヤキモチ焼かせて

執着させたいタイプですけど…………

 

 

 

 

え?

 

▶︎この曲について、このことについて本気出して考えてみてくれ等のリクエスト、感想、その他諸々なんでも、両腕を広げて待ってます。質問箱までお送りください。優しい言葉でお願いします

 

質問箱▹https://bit.ly/30eJLmY

 

 

 

そうだ、お花畑に行こう

 

 

 

 

花のように / 高橋優

 


個人的にライブでDUTTCHさんがめちゃくちゃ楽しそうにドラム叩いてるのが印象強すぎて聞く度に脳内に楽しそうなDUTTCHさんが現れるのを誰かなんとかしてほしいと常々思っています。

 

 

うんうん、高橋優ってこういう人間でこういう思いと考えで生きてるんだよね、多分。本当のところは知らないけどさ、こんな風に考えて生きていたいなって思うよ。

 

明るいメロディだけど歌詞を見るとそんなに明るいこと言ってなくて。 別にいいことないけど、別に笑えないけど、「口角持ち上げて」おけばいつ本当に笑える日が来るかもしれないよ~って言ってる(ように聞こえる)歌。


高橋優は午前3時の中目黒で何してるのだろうか…現状を憂うポイントはその辺のベンチで飲み潰れてるサラリーマンみたいなようで、誰もが一度は思ったことありそうな普通の感覚と近いから共感出来て。それに対してどう思うかどう考えて進むかみたいな答えは仏の高橋優節が炸裂してるので「うわ~~仏~~!(合掌)」ってなるワケなんですよね。


うわもうこんな気持ちの時どうしたらいいんだろう~~~っていう時にそっと開いて自分の中にある答えを導き出すきっかけになるようなものを探すような、教習本みたいな曲。


人生とはなんですか?という話で「それはねぇ…」って元気よく自分語りを始める人よりも思わず心のダムが溢れちゃうような人の話を聞きたいと思うし、そういう人の前を向く方法を知りたいと思うのです。

 
…はい先生、本気で笑えているかい?っていう歌を歌ってるくせに笑えてない人間の心に棘が刺さっているのを知ってるのは高橋くんは凄くずるいと思います。生まれながらにしてのポジティブ精神じゃない人の前向きな考え方だからこそ素直に聞ける。あぁ、これ毎回言ってますよね…全くなぁ…でも本当にそう思う…

 

高橋優は花に喩えるとなんだろう。向日葵だと在り来り過ぎるかな…最高の笑顔の時とそうじゃない時の差が凄まじい、咲いてる時と咲いてない時の差が凄まじい花ってなんだろ……

 

あ、あ、…さ、

サボテン…?

みなさんはどう思いますか?

 

苦しいことも悲しいことも傷付いたことも素敵なことも笑顔になることも全部ひっくるめていつかくる幸せのための材料だと思って信じて歩いていこう、こんな風に思って歩いて行けたらいいな。終わる頃には知らないうちに口角が持ち上げられてる。サクサク散歩してながら空を見上げて聞いてたい曲だし同時にわ~!ってなんか大声出したくなる。

 

ちなみに私は花粉アレルギー。

 

 

 

 

 

花のように

花のように

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

▶︎この曲について、このことについて本気出して考えてみてくれ等のリクエスト、感想、その他諸々なんでも、両腕を広げて待ってます。質問箱までお送りください。優しい言葉でお願いします

 

質問箱▹https://bit.ly/30eJLmY

 

 

 

 

 

 

未来の君より今の君

 

 

 

高橋優 / 気ままラブソング

 

気ままラブソング

気ままラブソング

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250

 

質問箱よりリクエストしていただきました。

今回も好き勝手に語らせていただきます

 

 

THE 高橋優 曲

歌詞も音も歌い方も全部が全部、

ゴホゴホッて噎せこけるくらい高橋優が強い

ノブ「高橋が強い」


サビに向かうにつれて階段を三段抜かし

くらいでガシガシ登っていくように

上がっていく音符が最強に心地良いのです。

 

難しくも無いし固くもない人生の教科書

みたいなイメージありますね、

「こういう考え方もあるけどどう?」って

軽く提案されてるような気分になります。

 

 

「気ままに楽しく生きれたらイイじゃん!」

「気持ちいい事だけ選んで生きようよ!」

なんか中身空っぽのようにも思われるかも

しれないけどそうじゃないんですよと言いたい

 

 

「今」と「今」と「今」が繋がって続いたのが

「未来」になる、どんな「今」を過ごすかによって

「未来」は変わっていくんだと。

うう~~泣きながら心の深イイスイッチ力を押す…

今の積み重ねである未来は勝手に良い方にも

悪い方にも変わったりしないから結局全部が

「自分次第」なんだぞ、何もしないで希望だけ

持ってダラダラ過ごしてたら何にも変わらないよ、

だから「今」をしっかり生きようね、と。

 


はい、先生

人生は「楽しんだもん勝ち」だって気付く前は

どんな風に考えてたんだろうとか考えちゃうよ…

 

 

 

「涙した分だけ君は幸せになれるよ」

    →泣かなくたって幸せになれるよ!


明日は明日の風が吹く

    →今日は今日の風を存分に感じなくちゃ!

 

 

生きてて一度は聞いたことある所謂イイコトバを

高橋フィルターにかけるとこんな風になるのかぁ

めっちゃ好きですという気持ちになる。

高橋フィルターにかけた世界のイイコトバを

集めた辞典みたいなやつ出版してほしい。

 

 

 

 


高橋優「つらいことの中にちょっとある「最高」の為に僕たちは日々生きてるんだぜ~!!!!!(爆音)」

 


そうだ、苦しいことが沢山あるから、たまにある

ちょっとだけの「最高」が「最高」と感じられる。

だからこそ苦しいことも乗り越えられるんだと。

その最高は日々の何気ない小さな良いことだったり

ライブだったり人によってそれぞれ違うんだよね。

 


これは高橋優あるあるだと思うんですけど、

泣いたっていい、元気無いなら無くてもいい

って世間的にはマイナスな事を決して否定しない

ところが良いですよね…自分の人生なんだから

知らない周りの人の物差しなんか声なんか

気にしなくたっていいんだよって言われる度に

ウッ…て胸が詰まるし、

小さく拳を握る力を貰える気がするのです。

 

 

今までも何度か書いたり呟いたりしていますが

わたしはどちらかと言うと刹那的に生きてる

タイプの生き急ぎ人間なのでこういう歌聞くと

わたしと高橋優は前世で双子だったのかな?

とか思…イテッ…いてっ!痛ッ!!ごめんなさい!

ごめんなさい!石は投げないで!砂もやめて!!!

 

 

 

 


理想であり希望であり目標のような歌。

ああ、この人が好きだなぁって思える歌。

こんなふうに生きられたらいいなぁ…

生きようかなって…ちょっとだけ思う歌。

 


この先にもちょっとある最高をちゃんと

見つけられるようにしっかりと「今」を

繋げていこうね……ぼくも今夜楽しみにしてる。

 

 

 

▶︎この曲について、このことについて本気出して考えてみてくれ等のリクエスト、感想、その他諸々なんでも、両腕を広げて待ってます。質問箱までお送りください。優しい言葉でお願いします

 

質問箱▹https://bit.ly/30eJLmY

 

 

 

 

 

 

わたし vs アイアンハート

 

 

 


高橋優 / アイアンハート

 

質問箱よりリクエストしていただきました。ありがとうございます、今回も好き勝手に語らせていただきます

 

 

アイアンハート

アイアンハート

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250




最初に言っておきますと、恐らく大衆がこの曲から

受けてるような印象をわたしは受けてはいません。

わたしの思考とアイアンハートの高橋優の思考は

分かり合えていませんし笑い合えてもいません。

でもこれから読んでもらうであろう文章は高橋優を

ディスってる訳でも貶してるわけでも敵対視してる

わけでもなんでもありません。

そんな気持ちは全く無いんですけど結果として

真っ向から反発してしまっています。

だから見苦しいかもしれない。

でもこれは一個人の勝手な受け取り方なので

「 世の中にはこんな考えしか出来ない

可哀想な人もいるのね 」くらいの気持ちで読んで

貰えたらと思います、よろしくお願いします。

 

 

 

 


この曲の心臓である言葉

 


「分かり合えなくてもいいさ

                            笑い合うことが出来るなら」

 


この言葉、4分47秒の曲中でなんと4回も言ってます。

「笑い合うことが出来るなら」に至ってはなんと

10回も。この曲で一番言い伝えたい言葉なんでしょう

 

そもそも「分かり合えなくてもいいさ、笑い合うことが出来るなら」とは一体どういうことなのでしょうか


分かり合う = 同調、認め合う、理解する、理屈

笑い合う = 感情的なもの、理屈じゃない


全日本ひねくれ協会の書記と致しましては、分かり合えてないのに笑い合うのって無理じゃない?と思うんです。もうここから理解できないんです。ダメです。出鼻バキバキに挫かれてます。

 

嫌いになったその人を嫌いのままで居たくない

憎しみたくて生きている人なんか居ない

出会ったことない誰かを嫌いになる為じゃなく

大好きになるために今日も明日も生きていたい

 


いやいやいや、嫌いになった人には常々死んでくれ

と思ってるしで会ったことない人も

こいつ嫌いだなと思う人もたくさん居る。

そんなに人間のこと全員を好きにならないと

いけませんか?嫌いのままじゃだめですか?

笑い合わないといけませんか?


そりゃ、どちらかと言えば平和主義さ。

出来れば人のこと嫌いになんかなりたくないし

嫌われたくもないし争い事なんてしたくないよ、

でも人類皆兄弟みたいな事言わないでって感じ。

これを言ってるのが高橋優だから、

傷付いて分かり合えなくて笑い合えなくて

傷付けて嫌いになって嫌われたことがある人の

言葉だから、だからギリギリで聞いてます。

これが高橋優じゃなかったらイヤホンの線を

引きちぎっを地球に叩きつけて踏んずけてます。

そのくらい苦しくなりながら聞いているのです。

 

 

 

鉄みたいな素肌なら叩かれても痛くないのかな?

柔らかい君の素肌は誰かの痛みにさえ敏感


鉄みたいな心なら嫌われても痛くないのかな?

傷付く度に心は誰の痛みを庇う優しさに変わってく

 

 

 

まーーー!!!綺麗事言わないで高橋ーーッ!!!!やめてー!!!

 


鉄みたいな心でも鉄みたいな肌でも

叩かれたら痛いしずっと響き続けるし傷付くよ、

鉄みたいな心でも嫌われたら痛いよずっと痛いよ、

鉄みたいな心じゃない傷付きやすい心を

庇うために他人を傷付けてくる人もいるよ?

自分が傷付く度にその痛みを誰かを庇う優しさに

変えられるのは本当に強いひとだよ、

こうだといいなって言う鉄の心を持ってない人が

理想論を言ってるのかもしれないけど

あまりにも自分の現実とかけ離れ過ぎてて

ウーーン?ってなってしまうのです。

申し訳ないけど皆が皆そうにはなれないよ、

そんなに他人にエネルギー使わないとダメですか?

え?そんなんだから友達いないんだって?

そうなんですよ。

傷付きたくないから、鉄の心なんか、肌なんか、

持ってないから。ほよほよのよわよわの心しか

持ってないからそれを守るためには出来るだけ

他人に近寄らないようにするという選択肢を

とって生きてるんだよ。

 


残念ながらわたしは傷付けられたら傷付きっぱなしで

その後遺症で苦しんでるし人のことを考えられない、

嫌いな人には出来るだけ不幸になってもらいたいし

この気持ちを誰かに還元しようとも思わない

鉄の心を持つくらいなら人と離れるか

人である事を辞めますよというタイプなんです。

結局は、おたんこなすの子供脳なんですよ。

 


人のこと考えられない、だからね、だからこそ、

この歌と全く分かり合えないからこそ

「難しく考えないでもっと素になってその無駄に

着けてる重たい鎧をおろして生きたらいいのに」

って言われてるみたいで、

自分という人間の出来て無さ加減が露見してるようで、

苦しくて恥ずかしくて非常にモヤモヤするんです。

 


この曲を素直に聞けるようになったら私が私じゃ無くなりそうだし、この曲の本当の意味が分からないからこそ、この人の曲を聞けているのかな?

 


いつも高橋優という人の思考に対して同調!同意!一緒!お前は私か!?めっちゃ分かる!それな!とかなんとか言ってるけどこの曲に関しては全くわかりません。分かり合えない時だってあります、人間だもの。

こういう時にあの人は笑い合えたらいいよって

言うんでしょ、ううん、君となら笑い合える気がするよ……

 

 

 

……ごめんやっぱり喧嘩しそう。

 

 

 

▶︎この曲について、このことについて本気出して考えてみてくれ等のリクエスト、感想、その他諸々なんでも、両腕を広げて待ってます。質問箱までお送りください。優しい言葉でお願いします

 

質問箱▹https://bit.ly/30eJLmY