CANDY

あたまがとてもわるいひとのブログ

色褪せないの向こう側

 

 

 

例の如くライブ中及び通常時の知能指数3、語彙力2、記憶力1、そんな人間による未来の自分の為におくる記録ライブレポです。中身ないけど鬼のように長いです悪しからず。

 

 

 

 

 

 

ポルノグラフィティ16thライブサーキット

『  UNFADED 

 

f:id:Okometabenayo:20190316133439j:image

 


ツアー初日の静岡一日目 折り返し地点の幕張二日間 終盤の横浜二日間 計五公演に行ってきました。アルバムの無いツアー、全楽曲にチャンスのあるツアー 、それだけで始まる前から「あれやるかな、これやるかな」ってどきどきわくわくしてた。

 

 

 

 

 


オレ、天使

 


もくもくしてる…ピンクの照明……ちょっと眠くなってきたなぁ………そして暗転、秒で立ち上がるお客さん、真っ赤に浮上がるスクリーン、広い会場に響き渡るギターの低音、デーデデデデーデデデッ  …あれ?なんだこれ…何始まりなんだろう……って考えてたら バァンッ!と割と大きな爆発音。毎回知ってんのにすごい驚く、と同時に垂れ幕が落ちて始まる「 オレ、天使 」初日は勝手にライラ始まりだと思って余裕ぶちかましてたら一曲目から無数の衝撃で返り討ちにあった。

初日は無かったけど幕張、横浜ではお客さんの歓声を体内に取り込む「 間 」みたいなものが出来てて岡野昭仁メチャクチャ強そうだし新藤晴一絶対誰も勝てなそうみたいなモードに入った顔してるの滅茶苦茶かっこいい!ってなった。 

 

 

無敵の岡野さんトゥデェェェェェェェェィイズ ………アンッッッフエィッッッデッッッゥゥッッッ

無力なぼく「トゥディって言うだけでこんなかっこいい人いる?無理じゃん?

 

 

A New day

 

良かったな~すごく……個人的人生暗黒時代に聴いてた曲なので割とどうしようもない思い出が付いてるんだけどね。「そりゃ立ち止まってたら何も変わらないよ」…わかってる…「次のシーンの展開を見せて」…わかってる…「浮かない顔のアップそろそろ見飽きてしまったんだ」…わかってるってば……「君だってそうだろう?」…ウウッ…ここで泣く…ちょっとごめんわかったから背中押し過ぎだぞ地面にめり込むよ?メンタルブレイクしてるときに聞いたらちょっと反発しちゃうくらいキラキラした応援歌。

言うなァアーーーーーーーー!!!!!」で最高に気持ちが高揚する。声に気持ちが乗っかって、遠くに飛んでって少し光って消えるそんなイメージ。

 

 

幸せについて本気出して考えてみた  

 

A New day→幸せについて本気出して考えてみたの流れ、序盤からいきなりぶっ放してんないいだろう受けて立つぜ。無意識で拳突き上げてやんよ。ステージのみんなの顔がキラキラしてて、それはきっとお客さんみんなの顔がキラキラしてるからなんだろうなとぼくは思いました。なんか、自然と笑顔になるもんね。

 

「幸せの種を手に入れた」 まだ種なんだよ、幸せじゃなくて。これからどうやって育てていこうかな…


みんなで幸せになって帰ろうぜー!!!!」  いぇーーーーーい!!

 

 

 

いつもの挨拶、新サポートメンバーの紹介。

そして晴一さんによる「UNFADED」の説明


晴一さん「まずフェ…ふぇいどっていうのは「色褪せる」とかそういう意味なんじゃけども、あの~今の時代ってネットの世界に曲が置いてもらえるんよ「サブスクリプション」って言うんじゃけども。知っとる?」


岡野さん「サブスクリプション!!」


晴一さん「今はCDだぁ、USBだぁ、ダウンロードだぁ、色々あるんじゃけども。サブスクリプションは自分のスマホとかに落とさんでも良いわけ。ネットの世界に曲が置いてあって、そこに俺たちの楽曲も入れてもらうことになって」

岡野さん「おぉん」


全楽曲横並びにあるわけでシングルがでかい顔してるとかそういうのがない。サウダージとかアゲハ蝶がでかい顔してるわけじゃない、カップリングからなにから全部がズラーッと同じ立ち位置にいる状態なんだと。


晴一さん「俺達も自分らの昔の曲とか聴いてたらこれって今のみんなに聞いてもらったら色褪せてるのかな、色褪せてないのかなって。そんな答え合わせをする、みたいなツアーにしたいと思ってフェイドにアンをつけて「UNFADED」「色褪せない」という、ツアータイトルに!しました!」

岡野さん「いよっ!」

 


「ライブでやった事ない曲、あんまりやった事ない曲、懐かしい曲、いろいろ沢山出てくるけぇ、今日は!!盛り上がって帰ろうぜ!!!」

 

わーーーー!!!からの岡野さんお得意の散々煽った後に聴き込む系の曲が始まる……

 

 

東京ランドスケープ

 

今年20周年の「今の」ポルノグラフィティが「 憧れには近づけてはないけど 」 「 思ったよりやれてる 」「 褒めてあげよう 」って歌うの最強にエモいと思いませんか?  当時より絶対前に進んでるだろうな…少しは自分のこと褒めてあげて欲しいな…憧れに近づいて手が付いたらその先は……Tシャツの裾をギュッと握りながら聴いてた。

生きるという証明を今ここに残してるんだ

それを目の当たりに出来ている幸せについて本気出して考えてみた。

 

 

ジョバイロ

 

ピアノの音、なんだろこれ……なにかな…アッ!エッ!や、やるんだ~~~~~!!!

ポルノグラフィティで初めて自分のお金で買ったシングルがジョバイロの人間としてはこの楽曲が色褪せないツアーのセトリに組み込まれていることがエモくて嬉しくてちょっと泣きました。思えば随分遠くまで来たもんだ。チャチャチャチャチャッでちょっとドヤ顔になるのやめたい。

 

 

ヴィンテージ( ⇆ swing )

 

デーレッデーレッデーデッデーレッデーレッデーレッデーデッデーレッって始まった瞬間膝から崩れ落ちた。えっ……ヴィンテージってこんなに明るい感じだったの?オ、オレンジ色の照明?え?ワイパーだったっけ?って困惑もしたけど……岡野さんがめちゃめちゃな笑顔で嬉しそうに歌ってたのでもうなんでもいいです………当時狂ったように聴いてた曲のひとつ……この曲の意味が本当にわかる時は来るのかなあ…… うぉおーおおおーいえぇえーおおーいぇええーえええーののー

 

 

swing( ⇆ヴィンテージ )

 

静岡初日では聴けなかった。静岡二日目でやったぞと聞いて浜松餃子をヤケ食いした。

それからしばらくして幕張二日目、やっと聞けた。…とってもよかった……当たり前だけどレコーディング当時の岡野さんの声でしか聞いたことのない歌な訳で、繊細で澄んでて荒っぽくてそんな声。ずっと今の岡野さんの声と表現力で聴いてみたいなと思ってた曲のひとつだったから凄く嬉しかった。期待と想像以上に美しくて素敵な歌だった。

 

 

前夜

 

ライブ映えするんだろうなと思ってはいたけどヘッドフォンでこそこそ聴くよりも何百倍もの強い力で歌詞が入ってきた。今ツアーライブ化け曲ランキング一位かもしれない。

何にもないから無限と言える 」なんて言いきることが出来る人達とそんな人達が作る音楽に会えてよかったな。最後の照明のように真っ直ぐ伸びていく気持ちを声に乗せていくあの感じがたまらない。自分を奮い立たせようとしてるけど、ふと「神様」という不確かな物に願いを叶えてくれよと言ってしまう人間臭さ、その中に圧倒的な自信という強さがあるからこの人は進んでいけるんだろうそれを聴いたひともその自信をちょっと借りて前に進める気がするんだ。今この「時」を。


Cメロ転調鳥肌ボツボツ問題

 

 

ビタースイート

 

照明変態曲でした。居場所を探してるようなライト、始まる歌。  ビーーターースィーーーイエッーースダーーデェーーーヘエェーーエエー カープの丸の移籍時に晴一さんが「その子はいい子さよろしく」って呟いてたからやるんだろうなとは思ってたけどいざ聴けるとなると嬉しいしバリバリゴリゴリのギターがかっこいい。頭蓋に効く。「紫に変色した唇を僕に押し付けてきた古い感情」っていう歌詞にドキドキしてた頃が懐かしい。なんかどエロい曲だなっていう認識だったんだよな、そのころの私はもう死んだ。

 

 

ライオン( ⇆DON'T CALL ME CRAZY )

 

ライオンは生まれて初めて行ったポルノグラフィティのライブで一番最初に聴いた曲であり、自分を鼓舞する為に聴く曲のひとつであり、人生暗黒時代に聴いてた曲でもあるので、このツアーのセトリに組み込まれていることがエモくて嘔吐いた。…エモいってなんだろう…よくわかんないけど…エモかった……もう、会えないのかな……とか思ったら横浜一日目に石を握りながら泣けてしまった。大事な大事な曲。

 

 

DON'T CALL ME CRAZY( ⇆ライオン )

 

ゾーンに入った岡野さんドン クォルミィ クレイズェーーーーーーーーーーーァァア゛ァア゛ア゛ァア゛ァ゛ーー ーーー!!  」

わたし「あれが神か」

 

あの曲やばくないですか?もう人が人の上を転がり回ったり人が人の上を走り回るレベルの曲じゃん?そんなことしたら危ないからダメだけどね。オタクはこっそりヘドバンしちゃうよね、わかるよ、そこの君。

 

 

Zombies are standing out

 

オペラが始まってだんだんその声が遅くなって暗くなって……ウゥーー……………すたんでぃんあぅ…すたんでぃんあぅ………「 はっ…ゾンビだ…!」ってなって岡野さんから発せられる「z」の瞬間までのあの時間、ゾクゾクが最高潮になった瞬間全てが開放されるように始まるのがたまらん!カッコイイ!何回聞いてもえげつない鳥肌立つ!もうゾンビかっこよすぎて一公演で五回くらいやってくれても全然構わない。

なんなら今ツアーで一番楽しみにしてた曲だから、期待もなかなか大きかったわけで、その期待を大きく上回るパフォーマンスだった。映像も照明も演奏も全てがえぐいかっこいい。五回圧倒死して生き返ったのでもう私はゾンビです。強いよ。全身でギターをかき鳴らす晴一さん、全身で歌う岡野さん、かっこいい。とんがったポルノグラフィティ、ただただかっこいい。

 

 

見つめている

 

ゾンビが終わってハアハアしてたら聴こえてくる小鳥のさえずり、ぴちぴちぴちぴち

 

岡野さん「ここからは、わしひとりです」

わたし「え~可哀想」

 

岡野さん「ゾンビからのwww生の象徴みたいな小鳥wwwこのギャップどうなんwwww大丈夫なんww着いて来れるのみんなwww」

 

この時、わたしはまだこの後起きる衝撃の事態に全く気付けていなかった。


わたしのこと好きなひとは分かると思うんですけど( そんな人いません )わたしは、見つめている大好き芸人です。でもまだライブで聴いたことはなくて。いままでも事ある毎に「見つめているが聴きたい!」と言ってたけどもはやネタだから半分以上「まあ…やらないよねわかる」生きてるあいだに見つめているを聴くことはないんだわ…とか思ってたんですよ今回も。


岡野さん「さっき晴一も言っとったけど、わしも自分らの曲聞き返してみたんよ。「この曲なんだったけかな?」とか「この頃のわし病んどるな~!」とか色々思う事があって。いま思い返すとなんでこんな曲書いたんじゃ?と思うような曲もありまして…」 


――ここでわたしは全てを悟った―――


わたし「!?!?待って!?見つめている???見つめているなの??見つめているだよね???そうだよね????待ってオエッ待ってまオエッ」

 

岡野さん「それでは聞いてください……」

わたし「いやいやいやいや絶対そう絶…オエッ…」


岡野さんがスウッと少し息を吸って「きみ」の「k」を発した瞬間、わたしは雷に打たれたような衝撃を受けた。小田和正ばりに身体を逸らした。

f:id:Okometabenayo:20190310213321j:image

腰は死んだ。

 

特に初日は衝撃が強過ぎて半分以上放心状態……ハッ!これじゃいかん!と我に返って途中から慌てて耳たぶ前にして聴いてた。そのあとの公演もみんなそうした。最高だった。もう思い残すことはあんまり無い。たぶん。( 欲を言えばバンド形式で聴きたかったな…フルコーラスで…いやもういいですわたしは幸せです… ) 

幕張一日目で手拍子を止めた岡野さん、二日目は止めずにやってくれてそのままここまで来たみたい。伸び代しかない。伸び代ですね

 

岡野さん「かましてやるぜ!と思って書いたんだと思う…僕自身はさわやかな恋愛する男ですからね」

わたし「フーーーーーーーーーン」

 

 

 

夕日と星空と僕

 

岡野さん「この曲も僕が作詞作曲したんですけど有難いことに皆さんからの反応が凄く良くて。すごく自信になったというか、そんな曲です聴いてください。」


岡野さんの表現力とか歌唱力が大爆発起こしてて、聞く度にわたしこんな綺麗な恋愛した事ないけど「 わかる」って頷いてた。改めて聞くといい歌だな。綺麗な歌だな。どこかで出会えるはずさこの世界はとても広く素晴らしい愛があるはずだから…え……ビーチサンダルを履いた指にまとわりつく砂のように離れない離れないぞと同じ人が書いたとは思えませんな……

 

 

 

didgedilli

 

ちょっと昭仁ばっか見てないで俺の事も見て?」と言わんばかりのキラキラスーパーハルイチタイムのはじまり。


かーーーーっこいいーーーーー!!!!


変態照明のおかげもあって何度か「うえっ?神かな?」って思う瞬間が何度もあってこの人のギターでわたしは大きくなったんだということを思い出した。

最後のビシィッ!ってカメラ指さすところがいつ見てもいまいちキマり切れてなくてそれがポルノグラフィティ新藤晴一ぽいなぁっておもいました。らぶい。

 

 

カメレオン・レンズ

 

こちらも変態照明曲でした。「ぼくたちポルノグラフィティです~こんなのも出来ます~」って澄ました顔で鬼のような豪速球投げられた、みたいな曲。聴くたびに好きだと思える、聴くたびに気持ちいいと思える曲。


「通じ合えるもの~か~↑な~↑」の「な~↑」が岡野さんの鼻腔を感じるので好きです。はい、伝わらなくていいです。ノーノーノーノー

 

 

海月

 

ブレスのカップリング曲。正直ハマってなかったしこのセトリに入れてくる意味とは?とか思ってたけどまんまとライブに行くにつれてじわじわと侵食されてしまったよね。映像も綺麗で、ひとつの作品みたいな感覚で見てた。

 

 

フラワー

 

フラワーってなんか真っ黒でしんとしてて綺麗なんだけど少し怖さみたいなものを感じるような曲っていう印象があって。ライブで聴いたらそれがもっと確かに感じられて、真っ黒で途方もない壮大な世界に放り出されたみたいな感覚になった。ちゃんとしっかりしてないと自分が無くなっちゃうような感覚。

生命の輪廻とか晴一さんは死んだ人もまたいつの日か新たに生き返るって思ってるんだろうか、あの人とかあの子とかわたしもいつか会えるといいな。だんだん大サビに向かって光が満ちてくるような演出も綺麗で良きでした。

 

岡野さん「新曲であるフラワーも色褪せないで長く皆さんに愛されるそんな歌になっていって欲しいです」

 

 

オー!リバル

 

岡野さん「ここからァ!きみたちの心に火をつけるのは!!!晴一のギター!!!!」


この曲は顔が大事なんよ…

ドヤ顔キメ顔でポロロン……と始めた新藤晴一さん、五秒くらいしかその大事な顔がもたなくて口で手を覆うほど照れちゃうのが可愛くて毎回流れは分かってんのに毎回笑った。キメ顔からの照れ顔の落差が激しすぎて風邪ひいた。 

 

横浜二日目は北スタンドだったから後ろから会場全体を見渡せて、手がめっちゃ生えてて「エノキみたい」と思いながら見てたんだけどそのエノキが一糸乱れぬ動きでリズム刻んでるの見て凄すぎて笑っちゃった。なにあれ。

 


岡野さん「歌ぇェ!!!」

みんな「オーレーオーレーオーーオーレオーレーオーオーレーオーレーオーーオーレオーレーオーーー!」


途中で気持ちよくなっちゃった岡野さんが滅茶苦茶なファルセットをかましてくるもんだから会場の盛り上がりも半端なくてうおおおおおおってかんじだったあの力があればなんかよくわかんないけど電力とか生み出せそう。

 

 

ジレンマ

 

えっ…………ジレンマ先輩…ここなの!?!っていうのが初日の正直な感想。ラストじゃないジレンマに慣れてないから違和感あったけどそんなことは関係ない、どこに居たってジレンマはジレンマだし無条件に盛り上がる。

アレンジが輔さん?とにかく格好良くてずっとそのギター聞かせてくれ~!って感じだった  

No no place to go!で岡野さんばりに訳分からん動きするのが好きなんだけどなにをしてるかは自分でも毎回よくわかっていません。

 

 

パレット

 

岡野さん「きみたちの!真っ白なキャンパスに!色をつけて帰ろうぜ!パレットだ!」って言ったあと「なんか違うなぁ…」みたいにちょっと笑いながら首傾げるの岡野さんらしくて微笑ましかった。なんか決まらんのね。


パレットの二人、キラキラした顔してて本当に地球に生まれてよかったー!て気持ちになる。歌詞が尊い…ノートに書き出してた…君ひとりじゃ持ちきれないなら半分持っていてあげるけど最後は自分で取りにおいでねって言ってくれるポルノグラフィティさん………とっとる…ちゅちゅる…とにかく歌わせるところで歌え!て言ってすぐ「これは歌いにくいんじゃ~がんばってくれ~」って気にかけて言ってくる岡野さんすごく岡野さん味溢れてんなと思った。尊い

 

 

サウダージ

 

サウダージ「きみたち…私を忘れてないか」ザッ

他セトリ「……!さ、サウダージ先輩!!!」


みたいな貫禄溢れるサウダージだった。

 


やっぱりサウダージは一番売れてるし世間的にポルノグラフィティサウダージ先輩だろうし、わたしはサウダージからの卒業を望んでいる勢だけどやっぱりいい歌だなぁ!さすがだぜ!って思っちゃう。ひれ伏す。横浜二日目で謎にサウダージで泣いちゃったもん……十年以上前に出た歌を今もこうして大きなステージでツアーで歌って、みんなが心を震わせてるのって全然普通のことじゃないんだなって思ったら。何かを同じ熱量で続けるのは大変なことだし努力も苦労も挫折もいっぱいしたんじゃないかな…私の知らないところで彼らはたくさん戦ってきたんだろうそしてきっとこれからも……と勝手に思って勝手に泣いた……これは当たり前じゃない……

ヒィイイ~~フゥウ~~~~~~ノノノーノノノーイェエエーーーのあとのギターまでがサウダージですよ。

 

 

ハネウマライダー

 

わたし今ツアーのハネウマライダーについてはこれだけ書いておければいいと思ってるんですけども、幕張一日目ありがたいことに自発で岡野さん側九列目を引き当てたんです。一番の「曲がるつもりもない!」のときに相方ちゃんとダイナミックにハンドルを切ったら丁度お立ち台に立ってた岡野さんがものすごい素っ頓狂な顔してガン見してきたその瞬間、時が止まった………わたし「………………え?あれめっちゃ見てきてるよね?」相方ちゃん「うんあれすごい見てる」 これは絶対たぶん勘違いじゃないんだ~ていうか自分一番でもハンドル切ってた時あったくせになんだったんだよあの顔~~アッ好きです………

 

 

∠RECEIVER

 

本編ラスト

東日本大震災、熊本の地震、広島の豪雨災害、大阪の地震、来る度大きな被害を齎す台風、北海道の地震、直接なにも言われてないけど無意識に思いを馳せた。今も尚リアルタイムで苦しんでいる人が居るであろう中でこれをやる意味みたいなものを考えた。

二人は「色褪せない」「色褪せさせたくない」「色褪せさせてはいけない」事を伝えてくれてたのかな。 

 

八年前の東日本大震災、直接的な被害は受けなかったものの震度6強の揺れを経験したり友達も家に帰れなかったり断水したり食料が届かなかったりガソリンが無くなったり停電したり、それなりに当事者だった。福島も宮城も岩手も小さい頃からよく行ってたから。知ってる海が、知ってる街が黒い大きな塊に飲み込まれて沢山の人の命が消えたその現実から逃げたい、目を背けてしまうそんな気持ちもあった。まさに当時∠RECEIVERの歌詞が大切な事を思い出させてくれたんだ。スクリーンに映し出される歌詞が、岡野さんの声が、晴一さんのギターが、その気持ちをもう一度思い起こさせてくれたような気がした。

 

この星の裏側でも 僕達の足元でも 起こりうる出来事から 逃げない RECEIVER でいたい

 

「逃げない」の歌い方、つま恋ロマンスポルノを思い出して泣いた。震災後のつま恋ポルノグラフィティに会えた時「ああ、生きてるって当たり前じゃないんだな」って思ったんだ。


全てを歌いきった岡野さんが両手をバッと広げて音を全身で感じてるような、それから左手を高く掲げて拳を強く握ったその姿がどうしようもなく格好良くて力強かった。きっと何年経っても色褪せない瞬間のひとつになった。

 

 


そして誰もいなくなるステージ、私が座る前にどこからともなく始まるポルノコール…… ポルノポルノポルポルノノノポポルルノ /……待ってくれ…おばさんもう少し休みたい……アンコール始まったら終わっちゃうんだよいいのかい…みんな……あ、もう出てきてくれた。はやい。すごく早い。ポルノグラフィティ早着替え講座のDVD出して欲しいくらい早い。

 


岡野さん「アンコールやるわいねー!!」

みんな「わーーーーーーーーーい!!!!

 


めちゃ余談だけど岡野さんが「わいねー!」って言う度に脳内でワンピースのキウイとモズが出てくる。わいねー!わいねー!

 

f:id:Okometabenayo:20190310215331j:image

 

 

 


Hard Days, Holy Night( 静岡公演 )

 

静岡公演のアンコールはHard Days, Holy Nightでした。やるかやらんか微妙な日にちだからな…やったら嬉しいな…くらいに思ってたからヤッターー!!ってかんじだった

 

岡野さん「電話をかけたところで♪」

みんな「特別な日なのに!

 

岡野さん「知ってるさ、だって課長が♪」

みんな「ス!グ!ニ!カエッテ!キテ!!!!!!!!!!(必死)


岡野さん「うふっ♡帰っちゃう♡」

わたし「ぐふっ…死んじゃう…」

 


メリーーーークリスマーーース!!!!

聖歌隊パート声全然出ないから今からボイトレ行ってくるわ!!

 

 

タネウマライダー( 幕張&横浜 )

 

これでも喰らえー!!!!ってタネウマライダーが始まったとき内臓的な何かが出るかと思った。ポルノグラフィティで初めて買った映像作品がキャッチザハネウマの人間はこれが生のタネウマライダーかぁ…ってしみじみしてしまったよね、割と長生きしてんなわたし。


「ぼくはタネウマラーーイダーーーー!!ハァーーーーー↑↑↑ハァーーーーー↑↑↑ 」のファルセット然り、滑舌然り、声量然り、歌詞は黒歴史(晴一さん談)なのに岡野さんのヴォーカリストとしての力がフルに発揮されててその無駄使い感が大好き。Cメロの畳み掛ける感じもたまらん。あんなに散々やっといて「こんなとこでひとりにしないで ひとりはやだな 」なんて言って許されると思ってんの!?許す!!!

 

 

ここでメンバー紹介

 

岡野さん「そんなひとでなしのー?」

みんな「はるいちーーーーーーーーーー!!!!!」

 

幕張では「おれはノンフィクションでは歌詞書かん」とかなんとか言いながら✌️してたけど横浜では岡野さんの早漏ネタを駆使して晴一さんが反撃していました。こちらになります、


横浜一日目

晴一さん「…いい?言うよ…?」

岡野さん「な、何を言うんよ…」

晴一さん「…三擦り半の……」

 

岡野さん「ファーーーーーーーーーーーwwwwwwww  一曲分くらいはもつわ!


まわりの人たち意味知らないみたいでぽやんとしてる中ブヒッって笑ってしまったの、晴一さんのせいだから。絶許。 でもその後すぐ自分でツボに入ってお腹抱えて笑う晴一さん見て全てを許した。

 

横浜二日目

晴一さん「い、言う?…今日はええわ」

岡野さん「そ、そじゃね…ははは」


そう、これはWOWOWの力(ハセキョーの力)

 

 

晴一さん「そんなヴォーカルは~?」 

みんな「あきひとーーーーーーーーーー!!!!」どんなヴォーカルだよ

 

 

 

そして最後の曲に向かい始めます

 


晴一さん「あの~、20年やって来たわけなんだけども。因島から夢を抱いて出てきた時に見ていた夢がまさに今のこの光景なんよ。ギター持って会場来て沢山のお客さんに俺たちの曲を聞いてもらって、俺たちの曲で胸を熱くしてもらう…なんか…ほんとに…夢叶ってるなぁって思いながら今日も、演奏してました。良かったよ、ありがとう。」

 

因島に居た頃から見続けてる夢が今叶っている、それはみんなのおかげですありがとうってなに…………こちらこそ…素敵な夢を一緒に見させてくれてありがとう………

 

 

岡野さん「最近ね、取材とかで「ポルノグラフィティが20年やってこれた秘訣は何ですか?」みたいな質問をされることが多くて。「やっぱり、昭仁さんと晴一さんの絆ですか?」みたいなこと言われたり…まぁ、まあ!それも少しはあるじゃろうけども!けども!それだけでなく。こうして、ファンで居てくれているみなさんが「 ポルノグラフィティ~! 」ってぼくらを求めてくれるからやってこれたわけで。ポルノの新しい歌が聞きたい、ポルノのライブが見たい、そういうファンのみなさんの声が僕らの背中を押してくれるおかげで20年やって来れたんです。本当にありがとうございます。これからも、色褪せないポルノグラフィティで居たいと思っています。よろしくお願いします。」


( ポルノグラフィティ~!って言ってる時の岡野さん両手をほっぺたに添えて目をギュッて閉じててすごい可愛かったんだけど静岡でしか見れなかった。遺憾。)

 

これを聞いて、本人達が楽しいと思えてるならいいけどお人好しグラフィティだからファン第一過ぎて自分たちの思いが疎かになってたらそれはそれで心配になっちゃうなと面倒臭いオタクはそんな感情を抱いた。そこに居てくれるだけでありがたいのに。それと同時にポルノグラフィティがいないわたしの世界はきっと色が無くなってしまうから出来れば二人がよければずっと居て欲しいとも思った……思いが重いオタクはとにかく情緒が不安定……グッとくるMCだった……


というか

あのひとたち本当に世界謙虚な人間ランキング一位だな…なんなのポルノグラフィティ…20年やってこれた秘訣ですか?顔ですかね!?とか才能ですよ!!とか言っちゃえよもう…二人とも……なに…もう………ありがとう………語彙……力………

 

 

岡野さん「さぁ…最後は…歌って、踊って、騒いで、暴れて帰りましょう!この曲はみなさんの盛り上がりが大切です…!!」


いえーーーーい!!! あれ?そういえばあの曲やるようなこと言ってたのにやらなかったな……え?まさか?

 

 

ライラ


影の今ツアーテーマソング


「歩き疲れたら帰っておいで

懐かしい歌など歌いましょう」


ライラ、きみ生まれた時はまさかツアーのトリを任されるとは思ってもなかっただろうに…… 初日のステージ上と客席の探り合い具合と言ったらなんとも言えなかった…みんな演奏に必死で顔怖いし晴一さんなんか「あれ?おかしいな?」みたいな顔してたけど幕張で聴いたらだいぶ進化してたし横浜で聴いたらもうちょっと進化してた気がしたけど、絶妙なテンポで絶妙に乗り切れない、でもすごく楽しいライラが今は愛おしくてたまりません。初日で岡野さんが語り出す前の晴一さんの「ニヤァ」って顔がたまらなかったし岡野さんの語り方のクセが公演毎にだんだん強くなってって幕張で聞いた時の笑いま……ッしょおおおおおおおおぉぉぉぉぉおおおおおおおおお~~~~~~!!!を聴いた時に「もはや初日のライラは死んだんだ、ミュージカルどころの騒ぎじゃない、これはオペラだ!!!!」ってなった。サポメンに厳しい新藤晴一さんにも毎回笑ったし、そう言ってる晴一さんが一番険しい顔してたりして。「帰っておいで~♪」で手招きする岡野昭仁さんのGIFをください、出来たら愛してください。

 

ライラのソロ回しのウルトラソウルがライブ中1番盛り上がってたとかそういう噂もある。毎回会場の屋根が吹っ飛ぶんじゃないかと思うレベルでみんな声出てて笑った。

そして~か~がや~くウルトラソウッ ハァイ!!!

 

よく聴くと泣いちゃうんだよねライラ……歌詞がファンとポルノの関係みたいにも思えてくるし……よく頑張ったねライラ、大変だったねライラ。ありがとうライラ。

 

 

 

f:id:Okometabenayo:20190317114009j:image

今は心に穴が空いたような喪失感が全体の75%を占めてる

 

 

 

初日と折り返しと終盤とでツアーっていうひとつの作品がものがどんどん変化して行く様を目の当たりにできたような気がしてお得な事しちゃったなぁと思う。ツアーって毎回少しづつ試行錯誤しながら完成していくものなんだなって改めて感じた。本当に楽しい五ヶ月間だったな~

 


二人がこの世に、同じ島に生まれてくる確率は?音楽に出会う確率は?二人が出会う確率は?二人が同じ夢を持つ確率は?二人が夢を諦めずに進み続ける確率は?その間に私が生まれてくる確率は?ポルノグラフィティがデビューする確率は?その音楽にわたしが偶然出会う確率は?その音楽を好きになる確率は?

…これってほとんど奇跡じゃん……ポルノグラフィティを好きになって良かったな…ずっと好きで良かったな…ずっと続けてくれてよかったな……なんて普段だったらちょっと笑っちゃうこと思ってしまうような、壮大なツアーだった。この先のポルノをずっとずっと見ていたいし追いかけていきたい。

どんな曲をどんな時に聴いても心の底の方から溢れ出てくるこの気持ちは今も昔もちっとも変わらない。それを「色褪せない」と呼べるのなら、 これからも、ずっと。  

 

 

歩き疲れたら帰っておいでと言ってくれる場所があるのならば、懐かしい歌でも聴きながらまた頑張ろう。 


一旦さよなら素敵な現実。

 

f:id:Okometabenayo:20190316133330j:image

 

 

 

 

陰キャと陽キャとコミュ障と無垢な少年、絶望した青年、成熟した大人にサイコパスと少しのメンヘラがすべてが集結した人間のライブに行ってきた

 

 

 

※ネタバレ注意です


 

 

 

STARTING OVER

3/2(土) 横浜アリーナ

 

f:id:Okometabenayo:20190311230436j:image

 

同名のアルバムを引っさげた今回のツアー、やっと参戦の日を迎えました。このアルバム個人的には非常に良くて。今までで一番…は言い過ぎかもしれないけどだいぶ近い。「再出発」「初心」に帰って作ってみたと言っているアルバムに好きな高橋優が詰まっていてなんだか嬉しくなった。そんな高橋優入門編みたいなアルバム「 STARTING OVER 」今からでも是非どうぞ。

 

Starting Over

Starting Over

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥2100

 

 

 


そしてこれだけは初めに言っておきたい。

座席が高橋優から三列目だった

横浜アリーナの平地に初めて降りたんだ。

 

 

 

 

半信半疑で三列目到着

 

「えぇ?ほんとにここなのかい?今日死ぬ?」

f:id:Okometabenayo:20190311223754j:image

 

 

とにかく近い

ライブに於いて座席なんて関係ないぜ!といつも言ってるけど三列目はヤバイ。すごい。嬉しい。死ぬ。語彙力。

 

これからここに高橋優が立つのか………心臓痛くなってきたな………なんて久しぶりに緊張しながら開演を待った……

 

 

17:30 開演

 

サポートミュージシャンが続々と位置に付き、サクサクと響く足音、一瞬の暗転、パッと明かりが点いたと思ったら目の前に高橋優が居た。

 

わたし「えっ!!!???(びっくりした近い死ぬやばい)」

 

 

 


直前までポルノグラフィティの話しててごめん。

 


とりあえずわたしの高橋優に対する思いはこちらを参照してほしい。いま読み返してもまあまあ頭おかしいけど気持ちとしては全然変わってないよ。

実績と信頼の高橋優 - CANDY

 

 

 

 


ルポルタージュ

 

一瞬の暗転後響き渡るギターの音

一番最初にこれもって来るのか攻めてんなぁ。

 


正直近さに圧倒されちゃってよく覚えてないんだけど 「ひとりとひとり、瞳と瞳」の時の高橋優瞳孔開き気味で目玉真っ黒なの見て喉の奥がググッてなった。その目で首絞めてくれ~

 

 

ストローマン

 

アルバムで聞いてた時から「 The 高橋優 」な曲だなと思ってた。


暑いから冷たい飲み物買おうと入ったコンビニがクーラー効きすぎて寒いってだけで「この世に僕の居場所はない」とか言っちゃうんだよ、落ち着いて、大丈夫だから、もうちょっと居場所探そうよ。

 

同じ空の下とか素晴らしき日常とかそういう自分で作った「いい歌」を「偽善者気取り」とか「いけ好かない眼鏡のケツを蹴飛ばせたらね」とか自分でひっくり返しちゃう感じ、良い。


あと単純に歌上手くなったなぁって思いながら見てた

 

 

太陽と花

 

これはもう無条件にかっこいい。

自然と身体がリズムを取り出すし高橋優の声の伸びも聴いてて最強に気持ち良い。低音がゴリゴリに効いてるのもたまらないよね。

 

 

美しい鳥

 

このアルバムでいちばん最初にできた曲

この曲も「The 高橋優」な曲

ほぼ歌というか語りのAメロBメロ、そこから一気にサビに向かってどんどん解放されてくようなメロディライン。

 

「 忘れられぬような霹靂が刺すような何故泣いてるのか分からぬような 高ぶる 高ぶる 瞬間を知ってるかい?」


いま…いま…まさにその瞬間を体感しています…って泣いてた。心が綺麗なひとの歌。

 

 

aquarium

 

この曲も「The 高橋優」な曲…( もはやSTARTING OVERすべてがThe 高橋優なんだけどさ )歌詞を聴くと割とキラキラしてて前向きなんだけど根本にドス黒いものが渦巻いてるようなそんな感じがぽくて非常によかった。「やれって言われたことだけやれ」の「やれ」の顔、めっちゃ冷たいのたまらん。大海原を泳ぐ魚の~で両手広げて泳いでる高橋くんもよかった。

 


すまーぁーああー↑あぃ すまーぁーああー↑あぃ あーーあーあーーあーーー↑ぁーあーあああー↑ の音階の運び方?めちゃくちゃ高橋優

 

 

STARTING OVER

 

 

アルバム名と同じこのアルバムの核となる曲

今の高橋優の核となる曲

 

まずこの曲聞いた時に「え…高橋優さん車運転すんの…?」って思った。なんかあの人車似合わなくない?徒歩か電車のイメージある…どこまでも歩いてきそう…はい、そんなことはどうでもいい。MCで「有難いことに夢がたくさん叶い始めて、ここからどう進んでいくか。そういう意味でも原点回帰という意味も込めて「再出発」というアルバムを作った」みたいなこと言ってて。これは完全にわたしの想像だけど、たぶん高橋優は路上で歌ってた頃に見てた夢が一頻り叶ってしまったんだろうなって。夢が叶い切ってしまったひとにしか分からない苦悩みたいなものがグルグルグルグルしてて、モチベーションというかこの先どうしよう?ってなってしまった瞬間があったんじゃないか。そんな中で出来上がったのがこの曲でこのアルバムで。決意表明みたいな意味が込められてるのかなって思いながら聞いてた。

 

 

転がり続ける 壁にぶち当たって

砕けている

立ち尽くして頭抱えている

もうダメかって時こそ

音楽が鳴り響く 

 


まだ次があるような

気がしている

保障付きの未来なんて

誰も見たことない

拳突き上げる

また会いたいと思う人がいる 

叶えたい夢も腐るほどある 

 


ここからが本質

突いてきてよ 核心

 

何度でもまた走り出せ

 


この歌詞を部屋で一人でちくちく書いてる高橋優を想像して高橋くん尊い……ってなった…

 

 

羅針盤

 

聴きたいと思っていた曲!イントロ始まった瞬間に「わ!!!!」って言ってしまった。この曲は歌詞が心にグッサグッサ刺さってきて…泣いちゃうんだ。どこにも踏み出せない自分へのやるせなさ、ダメだなぁわたしって思ってめそめそしてると最後に「 今ここから始められるよ 」……いつでもどこからでも始められるんだ…絶対踏み出そう……そう、自分のタイミングで。

 

 

~ちょっと心配になるくらい長いMC~

 

高橋優「よく目が笑ってないとか言われるんだよ。ツイッターとかでもね、ちょっと前にエゴサしてたときも「優くん肌白い~!」とか良いこと言ってくれてる人ももちろん居るんだけど「高橋優目が怖い」とか「朝の顔じゃない」とかいろいろ言われたりしてて…スタッフさんに聞いてみたんだよ「ぼくっていつ目笑ってる?」って。そしたらめちゃくちゃ悩まれて、「ライブの時は心から目も笑ってますよ」って言われて。そりゃそうだよねそうじゃないとまずいよ! ライブ以外でいつ笑ってるのかって言うのが重要でね、そしたら「悪いことしてるときも心から笑ってます」って言われたの。ビリビリするボールペンでみんなにイタズラして「いってぇ!」ってなってるの見て笑ってる時すごい笑ってましたって。……それってどうなの?」

 

わたし「あはは長い」

( ツイッターで高橋優のこと高橋優って呟くわたしはこの話聞きながら心臓がヒュッてなった。)

 

高橋優「ぼくはね?名前が優って言うんですよ、お父さんとお母さんが「優しい人間に育って欲しい」って言う意味を込めて付けてくれた訳、だから人一倍優しいとは…って考えながら生きているはず!なのに!人を陥れてるときにしか心から笑ってないって……どうなんだろ…」

 

ここからスルスル~といいひと曲紹介、高橋くんほんとなに歌のうまいピン芸人?っていうくらい話が面白すぎて笑いまくってたら生えてる歯が全部乾いた

 

 

いいひと

 

やって参りましたこのライブ最大の破壊力を持った「いいひと」歌詞を見たあとに曲を聴くと「はぇ?違う曲始まった?」みたいな感覚に陥るアンバランス感が面白い。

 

可愛らしい音がぽんぽんとなり始めると

可愛らしく高めな声で歌い出す高橋優。

 

「 ぼくはいいひとみんながそう言うよ 」


「 だけどムカつくひとに出会ってしまったときは 心の中でボコボコにして血祭りにあげる

ってめちゃくちゃな笑顔で歌うの。


終始ざわつく会場。


二番の「ぼくはいいひと 地元でもそうよ」の「そうよ」が好き。可愛い。そうよの言い方、可愛い。


真顔だったらごめんね、目が笑ってなかったらごめんね、で スッ……と真顔になる高橋優、暗くなる照明、下から光で照らされる真顔、あの黒目が意識してやる真顔怖すぎだろ悲鳴が上がってた。その悲鳴に笑っちゃう高橋優尊い、子供の頃から目が笑ってないとか感情が伝わってこないとか言われるしムカつく人に対して心の中でコロスとか思いながら生きてる人間にとって全く他人の事とは思えない。  こういう風に生きてる人たくさん居るんじゃないかな、全世界の「いいひと」に聴いてもらいたい曲。ぜひ地上波でフルコーラス歌って世間をざわつかせて欲しい。

 

 

シンプル

 

えっ…………………この曲こんなにいい曲だったの…(鬼失礼)………

 

「今日はいままでの人生で一番新しい日」

えっ朝起きてこんなこと思えるのすごくない?

こんな考え五百回生まれ変わっても出てこないや。目から鱗どころか魚出てくる勢い。

 

わたし的一番グッとくる歌詞はズバリCメロ

何をやらずとも時間は過ぎてく けれど迫り来る人生のエンディング やり過ぎるくらいがいつもグッジョブ 今したいこと!見たいもの!すぐ会いたい人!

 

まさにこれ~!!わたしこれ~!!小さい頃から「すぐ死ぬ精神」で生きてるわたしにとってこの歌詞は本当に同意でしかないし今したいこと!見たいもの!すぐ会いたい人! 全部が全部あなたです!!!って思ったよ

 

人生は単純だ、きみの人生はきみ次第なんだよって言われてるようなそんな気持ちにもなった。照明も綺麗で高橋優もキラキラしてた。光。

 

 

キャッチボール

 

日常を歌うふんわりした曲かと思いきや「 規制線の向こう側のブルーシート 被害者がきみじゃないように 加害者もきみじゃないように 」とか急にグッと温度が下がる、何にもない日常って壊れないとその価値がなかなか分からないのが怖いところだよね。

 

 

若気の至り

 

ちょーーーー良い高橋優ーーーッって感じだった。オレンジ色の証明に照らされてるギターの弦が光ってるのが素敵だった。映し出されてる歌詞の日本語がいちいち綺麗で、メロディも綺麗で、優しく丁寧に歌う高橋優の声も綺麗で。こんな学生時代過ごしてないけど「青春だったなぁ」とか思えちゃうそんな歌。

 

 

非凡の花束

 

「なんでもない日に贈る歌です」

 

 

「記念日じゃないけどきみに花束を」「なんでもない日を歩いてくれてる君の何もかも」

 

「  愛してる  」

 


えっ……わたしも… 高橋優って「愛してる」ってあんまり言わなく無い…?ビックリした…愛してるの歌い方めちゃくちゃ優しくて暖かくて気持ちがぽーーんって出てきちゃったみたいな、そんなかんじなんだけどそれが凄く良い…心臓がキュンってする……そして泣いてしまう…高橋優…きみには人より五倍くらい幸せになってもらいたい………


きっと、

なんにもないって幸せの最大級なんだよね。

 

 

プライド

 

非凡の花束でぷすぷす泣いてたら力強いハーモニカの音が向かってきた。

これ…さぁ…さっき上の方に置いてきたわたしの高橋優に対する気持ち悪い重い思いブログの記事に書いてあるんだけども……プライド聴くと高橋優が自分自身に当てて書いてるみたいに思えて自分に透視するよりそっちの意味合いの方が強くて泣いちゃうんだよねって……そしたらプライド始まったらスクリーンに路上で歌ってた頃の写真とか出てきて隣の相方ちゃんと肩を叩きあった。そして割と最初の方からずっと泣いてた。 わたしなんかじゃ絶対知らないし絶対わからない時代があって気持ちがあって挫折があって苦悩があってでも諦めないでずっとずっと自分を信じ続けて夢をひとつひとつ叶えてきて、いまこの場所に立っていてくれてるその事実だけで胸が熱くなった。ずっと諦めないでいてくれてありがとう…出会ってくれてありがとう…

 

 

 

鼻を赤くしたまま腕を振り上げた。

パフォーマンスが本当にただただかっこいい。

もうギター持ったまま歩き出しちゃえよ…


その足を踏み出せ 世界が変わる

 

 

高野豆腐 ~どこか遠くへ~

 

象からの高野豆腐ってどんなセトリ!?!?!

このひと売れ残ってる高野豆腐に感情移入して曲書いたんかなウケる最高

 

絵も歌詞も面白すぎるし相方ちゃんとなんにもしないでもうずっとゲラゲラゲラゲラ笑ってた。三浦くんって三浦春馬?彼女かと思ってたら友達だったの可哀想過ぎるし「最悪一人で~最悪一人で~」が哀愁漂いすぎて最強に面白い。これだけでも聞いて欲しいとにかくずっとゲラゲラ笑ってた

 

 

 

ちょっと笑いすぎて疲れてたらまたこのパターンだよなんなのこのセトリ忙しいよ……ウウッ…泣いた…

文字通り全身全霊で歌に乗せて気持ちを届けるぞっていう思いが伝わってくるんだ…きっとここにいるひと全員に伝わってるよ……とにかく声と熱の圧がすごかった絶対リミッター外した……

 

 

Harazie!

 

虹…最強説…とかいいながら涙を吹いてたら突然ギター置いてポーズをとる高橋優、始まる異国の民謡、涙はこの時点でどこかへ行った。

頭おかしくなりそうな映像やばくない?新手の新興宗教みたいな、危ないもう少しで秋田に洗脳される所だった。なんか映像に出てくる犬?猫?牛?の動きが滑らかすぎて秋田弁が英語にしか聞こえなすぎて笑い過ぎて噎せた。

 

マイクをもって前に出てくる高橋優、

湧きまくるわたしと相方ちゃん。

湧きまくる二人「うわ!!!近!!!!出てきたら近!!!」いやいや出てこなくても十分近いんだけどね。


は!を13回、さ!を13回、け!を13回、って高橋優がみんなにレクチャーして回ってるときにそれは突然起きた


高橋優「は!は腹から声出して~~、」

 


おぇっ?????

って顔する高橋優、そのとき相方ちゃんと私は同時に思った。 

 

「高橋シャツが見つかった」

 

f:id:Okometabenayo:20190311225354j:image


私と相方ちゃん、それぞれ「高」と「橋」って書いてあるシャツ着てたんだけど先に相方ちゃんの「高」が見つかったみたいで「え?なに?」みたいな顔されて横見たら「橋」って書いてあるシャツ着てる私がいたから「…ああ理解」みたいな顔して去っていった。

あの「おっ????」の顔忘れないわ、最強に絶妙な顔してた。


この二日前に星野源のキレキレダンス見ちゃってたからダンスのキレが悪い高橋優を見てなんか安心した。

 

 

明日はきっといい日になる

 

いい日になるでしょーーおーー!でパァンッと銀テ発射。めちゃくちゃ綺麗でした。近すぎてテープ取れないかもねとか言ってたけど二、三本降ってきてわーいって言いながら手で取ったあと未だかつて無いくらい大量のテープ降ってきて慌てた。全部ビニール袋に入れて持って帰ってきたので今からでも欲しい人いたらあげるね。

 


高橋優が「明日はきっといい日になる」って言ったら本当にいい日になりそうだな、ていうかこれは絶対いい日になるな、って思いながら聞いてた。泣いた。「歌って!」でみんなで歌うの本当に無理…綺麗…暖かい…わたしみたいに心が煤けてるひとは消滅しちゃう……そんな中でもイヤモニ取ったりつけたりする動作フェチは耳元をガン見してしまった…高橋優耳周りも可愛い……

 

 

こどものうた


多分、高橋優の楽曲の中で一番聞いてる曲。

そのくらい好きな曲。好きって言うと語弊があるかもしれないけど…なんて言うかな…わたしが高橋優のこと好きになるきっかけになったひとつの曲というか。このひとはいろんなものに物凄く感情移入が出来てしまう人なんだろうな…疲れるんだよね…しんどいんだよね…このひとわたしと一緒だ……ってはじめて思った曲。こら、石は投げないで。

今回もやってくれて嬉しかった。

 

高橋優にとって平成は絶望だったのかな

 

 

ありがとう

 

本編ラストです

わたし本当にこんなこと言ったらいろんな方面からぼこぼこにされちゃうと思うんだけど言いますね、


タイアップ付いた良い歌は無理」と思ってあんまり聞いてなかった。

 


すぐそれを後悔した。


「この世界に君という人が生まれてきてくれたこと」「今ここに君と僕とでいられるということ」「君と巡り会えた僕はどんな未来よりも幸せだよ」


たいせつなひとに「ありがとう」って言いたくなるようなそんな気持ちになった。普通に泣いてた。

 

 

本編終了

 

いやいや、近いねとかいいながら座ってぱちぱち手拍子しながらアンコールを待った。「た!か!はし!」みたいな拍子付けないんだね良かった。

 

割とすぐ始まるアンコール


スクリーンに映る見慣れた眼鏡してるなまはげ

「あーはん、あれですねわかりました」


…ていうか高橋優出てこなくない?どこから来んの?え?もしかしてうしろ!?って後ろ振り向いて前に向いたら普通にステージに居て笑った。あれって下から迫り出てきてんのかな?とにかく急にいるからビックリしたよ

 


わたし「や~Tシャツの高橋くんめちゃ好き~左肩の方が筋肉ついてるの好き~顎のラインから襟ぐりまでのお肌が白くてつるつるで好き~~」

相方ちゃん「落ち着いて

 

 

泣ぐ子はいねが

 

なーぐーこーはーいねがぁぁぁぁああああああああああああぁぁぁーーーー!!!!!


こんな声量のなまはげ家に来たら家が耐えられなくて内側から爆発してなくなるわ!!!ってくらいのどえらい声量、声量おばけ。肺活量おばけ。


最初聞いたときはちょっと悩む程何言ってんのか聞き取れなかったけどリスニング力も高まって、Harazie!が誕生した今となってはほぼ標準語に聴こえるよ(?)


「 秋田美人はおいで 」で毎回死ぬし美人じゃないけどいってもいいですか…

 

このなまはげの動きもやたらうにゃうにゃしててまた相方ちゃんと終始爆笑。そして高橋優のタオルは棒なのかと思うほど常にピンッとしていた。

 

 

ロードムービー

 

繋がっているよ、離れていても

繋がっているよ、なにがあっても


会場を見渡しながらそう歌う高橋優の目が本当にキラキラしてて生き生きしてて…嬉しそうで…それが少し泣きそうにも見えて私が代わりに沢山泣いておきました……名曲だよほんと……ずっと歌い続けてほしい………

 

 

リーマンズロック

 

高橋優「一緒に叫ぼうぜ横浜ァ!!!!」

わたし「いえーい」

高橋優「…………午前四時に起きて吐いて」

わたし「……………無理…………(嗚咽)」

 

リーマンズロックで叫べないよぉ……私と相方ちゃんは歌詞が染み込み過ぎて心が痛くて二人でくっついてビービー泣いてた……これは完全に想像なんだけど高橋優が間奏でなんか笑ってて…もしかして左手に目線落とすとその向こう側にちょうどくっついて泣いてるわたしたちが見えて笑ったんじゃない?っておめでたい解釈しておいた……とにかくめちゃくちゃ泣いた……


「胸を張れ」じゃなくて「意地を張れ」なのが高橋優味が出てるとおもう……意地張ろう…明日も頑張ろ…生きてく証を刻むために……

 

最後にスクリーンいっぱいに「生きてゆけ」の文字が出てきてそれが力強くて。高橋優が生きてゆけって言うから生きるって思った。

 

 

リーマンズロックも終わってサポメン捌けてひとりでバイバイして回る高橋優、ポルノが異常に長い時間挨拶してることを実感するようなくらいサラサ~とバイバイしてた。これが普通なんですよ。 うわ~近い~かっこいい~て言いながらバイバイしてたら急に高橋くん、しゃがんだの。「うわ!!!近!!!!」って声出た。なんだ顔が近くなったからなのかとにかくしゃがんだ高橋優めちゃ近くて慌てた。

 


STARTING OVERでお決まりのカラオケ大会、最後の最後まてま盛り上がり続ける会場の雰囲気素敵。


で、ステージ袖へ捌けてく高橋優。


わ~さよなら~ってもうほとんど捌け切ったところで急に振り返って眼鏡バシィッ!て取ったと思ったらそれが見えたひとたちみんな「きゃあああああ」「ぎゃああああ」ってなってわたしもつられて「ぎゃあああ」って言ってしまったんだけど……アレ一体なんだったの…ファンサ…?…とにかく全裸になったみたいな騒ぎだった……

 

 

 

 

はい、個人的に高橋優はまだまだ発展途上なのでそういう意味では初めて生でライブを見た時より何万倍もいろんな事のいろんなレベルが上がっていた気がします。歌い方一つにとっても、見せ方も、盛り上げ方も、全部のクオリティがバッキバキゴリゴリになってた。( 苦情等はkusoshiroutodamareyo@ezweb.ne.jpまでどうぞ )

 

高橋優の声の出し方がそれはそれは気持ち良くてね、ずっと聴いてたい。なんていうか、頭蓋骨に響かせて響かせてそれを前歯にちょっと引っ掛けながら力強く前に押し出す、みたいなイメージなんだけど。その前に押し出された声は小さくなったり細くなったりスカスカになったりすることなく一番前にいる人から一番後ろにいる人まで高橋優の中に居る時と同じ質量と思いのまま耳に届くんだ。言霊の力が凄いっていうか言葉の力が凄いっていうか…声がデカいっていうのもあるんだろうけど「明日はきっといい日になる」って言われたら本当になりそうだし、「きみは美しい」って言われたらそうかな美しいかなってなるし。え?とにかく言葉が真っ直ぐザクザク入ってくる。


セトリも破壊力が高かったな、泣いちゃう歌と笑っちゃう歌を交互に繰り出されたぼくたちは完全に手のひらで転がされたわけだ。

 

訛りすぎ長すぎで心配になるトークも健在だったしなによりそのトークが面白すぎる。なんならあのポルノグラフィティなんか目じゃないくらい訛ってるから。ほんと一回聞いてみてよ。かなりのリスニング力が必要よ。

 

 

高橋優は割と近い考えを持っててリアルな生き方を示してくれてる眼鏡の先輩だと思っていて。わたしはとても弱っちょろい人間なので、すぐ生き方とか頑張り方がよく分からなくなってしまうんだけとそんな時に「 こうしてみたら?ぼくはこうしてるよ? 」って考える選択肢をくれるひと、同じ感性で世の中を感じ取るひと、わたしの存在を肯定してくれるひと。お前に当ててなんか歌ってねーよ!ていうのは分かってるんだけどさ、あのひとの歌ってそういうふうに出来てるじゃん。「生まれてきてくれてありがとう」「出会ってくれてありがとう」「生きててくれてありがとう」こんなに自分のこと肯定してくれる人……居る?……自己肯定能力がゼロに等しい人間にとってあなたは希望の光です…こちらこそ…どうもありがとう……

 


歌に心を震わせて、この瞬間が尊くて、目の前にいる人が好きすぎて、愛おしくて、存在に感謝して、この時間が終わるのが寂しくて、現実が辛くて、大さじ一杯分くらい泣いた。たぶん総じていつも以上にブスな顔してた。ひどい。早急に整形したい

 

  

 


出来ることならこのひとの書いた曲をこのひとの声でずっとずっと聞いていたい、出来ることなら忘れたくない、このひとのこの先をずっとずっと見ていたいと思えるライブでした。

 

f:id:Okometabenayo:20190311230418j:image

 

ここからまた何度でもまた走り出そう

 

星野源って東京ドーム何個分?

 

 

 

LINEチケットというイマドキチケットで

念願の星野源のライブへ行ってきたよ

 

「POP VIRUS」東京ドーム 2/28

 


センスが光る可愛らしいグッズを息をするように買って、スマホ画面をスタッフさんに見せてスマートにサクッと入場。いやぁ、便利な世の中。

 

 

 

東京ドームには野球観戦でくらいしか来ないのでライブ会場になっているドームはとっても新鮮だった。

 


ポテト食べてジュース飲んでナゲット食べて仕事の愚痴とか他愛もない話をしてたらあっという間に暗転

 


ながーーーーい花道の真ん中にある島に出てきた赤いパーカーに黒いスラックス、白いスニーカーの星野源

 

f:id:Okometabenayo:20190228224519j:image

 

 

ここは日本野鳥の会なのかっていうレベルの双眼鏡保持者率の高さ

 

うわ、本当に生きてるんだ星野源…これからわたしもついに一億総星野源計画に加わるのか…

 


※知らないひとはかんそうさんのブログを見てね

タイアップの化物・星野源『ドラえもん』感想 - kansou

 

 

  

 


星野源こんばんは~~!星野源で~~す!!


わたし「ホンモノだ!!!!!!!!!!!!」

 

ここでわたしのテンションは最高潮に達した。

 


セトリも構成もすごくすごく良くて良くて初めての星野源がこれで大丈夫なんでしょうか?贅沢過ぎだからお前死ねって言われても仕方ない…ってくらい良かったよ…ありがとう死ぬわ…

 

 

 


わたしの中の星野源って一人でギター持ってちょっと草臥れた服着てぽしょぽしょと暗明るい不思議な歌を歌うちょっと暗めなひとだったから


「恋」が始まったとき 「これがあの星野源を作った曲かぁ…ここから感染は始まったんだな……」って勝手に感動した。


恋の異常なまでの世間への流行り方、本人は少し戸惑ってしまったようだったけど凄いことしちゃったんだよ星野源…これはすごいよ。みんな笑顔で、みんな踊ってるんだもん、わたしは一ミリも踊れないけれど。

 

 

f:id:Okometabenayo:20190228225407j:image

 

 

 


イデアもなんであんな不思議な気持ちになるんだろうな……「いい歌」っていう大きな括りにしてしまうのは勿体ないんだけど語彙力が追いつかない……爽やかな応援ソングと思いきやよくよく聴くと割と強い意志みたいなものを感じたり悲しくなったりつらくなったり…駄目だやっぱり表現出来ないから聴いておくれ。そして自分だけのアイデアを感じておくれ。

 

アイデア

アイデア



 

 

 

世の中クソだな!とか思ってたりボソボソ暗く喋る星野源もちゃんと生きてた。死んだとばかり思っていたけど、お母さんになったり世の中席巻したり右を向いただけで五万人が沸いたりするようになっても、真ん中の真ん中らへんにある星野源は変わってなくて、その周りに沢山いろんな色とか音がくっついて今の星野源の「

POP 」が出来上がって、それを日本中にばらまく作業をしている、まさに「 POP VIRUS 」


カーーーッ なんだよ!センスありすぎだろーーー!!なにがドドドドドッドーだよーー!!!助けてくれよドラえもーーーーん!ドドドドッドッ………こーこーにおいでよー……一緒にぼーおーけんしーよー…… なんだか色々思うところあって割と泣いちゃった。その倍笑ったけど。いいライブだった本当に、このひとなら世界動かしちゃうかも、なんて思ったりした。

 

 


「  みんなまた逢う日まで いろいろあるけれど

また逢えたらそのときは 笑顔でーー 」

 

と言ってる星野源の笑顔が一番輝いてた。前歯。前歯、嗚呼前歯。

きみはおいしいごはん食べてあったかい布団で寝て欲しいひとランキング1位だ、おめでとう。

 

 

 

 

 

完璧なエンターテインメント。夢の国。ここは夢の国。世界を救うかもしれない。

 

こりゃ、どえらいライブ見ちゃったなぁ。

 

f:id:Okometabenayo:20190228224348j:image

 

 

産まれたからには生きなきゃね

 

 

 

今日と同じ明日が来るとは限らない、いつなにが起こるか分からない世界。ああ…いつかはこんな日が来ることは心のどこかで分かっていたはずなのに……生まれて初めてショックで「 ご飯が喉を通らない 」を体験しました。凄くびっくりした。しょぼしょぼ泣いた。

 

 

夢眠ねむ、でんぱ組.incから卒業、芸能活動を終了~夢眠ねむにインタビューで聞く今後(宗像明将) - 個人 - Yahoo!ニュース

f:id:Okometabenayo:20181014173059j:image

 

 

うう…ついにねむきゅんが……数年前まではアイドルをこんなに好きになるなんて思ってもなかったんだ……

 

すぐ全部が嫌になって落ちる所まで落ちるタイプのグズグズなわたしの元気をちょいと摘んでグイッと出してくれたのはでんぱ組.incであり、ねむきゅんでした

 

f:id:Okometabenayo:20181014173826j:image

f:id:Okometabenayo:20181014174136p:image

 


元気で可愛くて力強い歌声、聴いてるだけでみんなの笑顔が浮かんでくる。そんな曲を聴きながら無理矢理にもりもり進んで来た。わたしがでんぱとねむきゅんを応援出来たのは全体から見たらほんの一瞬だけだったかもしれないけどわたしの中でかけがえのないものの一つになったよ。本当に人生がたのしくなった。

 


オタクの部分と女の子としての大事な部分が刺激された。推しを推す楽しさ。好きなものに対してお金を落とす気持ちの良さ。

いつまでもいつまでも、内面も外見も「 このひとみたいになりたい 」と憧れていられる同性の存在が出来たのはわたしの中でかなり大きな出来事だった。

 

 

f:id:Okometabenayo:20181014174553j:image

 

強くて柔らかくて優しくて美しい。

こんなひとになりたい。

 

 


夢眠ねむ夢眠ねむである間は全力で推し続けるし、1月7日以降でんぱ組.incから卒業しても、3月以降夢眠ねむがこの世から居なくなっても、ずっとずっとわたしの心の最推しは夢眠ねむです。推し続けるよ。心の中のペンラを振り続けるよ。その先のねむきゅんも応援したい。

 

 

 

f:id:Okometabenayo:20181014173727j:image

 

ねむきゅん、ねむきゅん、ねむきゅん、

出会えて幸せでしたありがとう。

 

それじゃ最後まで、その先まで。

 

WWDBEST

WWDBEST

 

拒む君の手を握る高橋優の手を握りたい

 

 

 

好きな曲を気の向くままに割と真面目に気持ち悪く紹介するシリーズ第二弾です。やった、やったよ第二弾だよ。いつまで続くんだろうねドキドキだね。

 

 

 

今回はこちら

 


拒む君の手を握る / 高橋優

 

また高橋優でごめんなさいね、なぜ今日このタイミングかと言うと今朝めざましテレビでスーツの高橋優を見たからです。熱がすごい。

 

それではさっそくはじめます。

 

 

 

 

 


あえて曖昧に書いたという歌詞、

聞き手の数だけ物語が生まれそうですね。

 


今回はわたしの物語を聞いてください。

 

 

 

 

 

 

外はもう更てるから そこまで送らしてくれよ

「一人で大丈夫よ」と拒む君の手を握る

 


冒頭から只ならぬ何かあっただろこの二人感満載でどきどきするね、ひとりよがりの【ぼく】と強い【きみ】

ちなみに高橋優本人の手は 餅かな?と思うくらいもちもちです。

 

今までのことなど幾分どうでもいいじゃない

これからの事など尚更どうでもいいじゃない


今この夜が更けるまでに何があったの?何をしたの?通常時の太陽のようなハッキリとした歌い方ではない気だるげなドロッとした高橋優の歌い方、プライスレス。

 

君の歩幅小さくて ぎこちない歩き方になる

それがとても心地いいあと少しこのままがいい


【きみ】の歩幅が小さいから それに合わせて歩く【ぼく】がぎこちない歩き方になってるの?それとも【きみ】の歩幅がいつもより小さくなるようななにかがあったの?どっちにしろそれが心地いいなんて相当な変態やでアンタ。

 

タクシーが行き過ぎるたび 目で追う君に気付いてる

赤い空車が光るたび 拒む君にキスをする

 


ハイ、この歌における最大の悶え転げポイントですよ~

出来るだけぼくと一緒に居たくないからタクシーを見つける度に目で追う【きみ】と、出来るだけきみと一緒にいたいから目で追っていることに気付いていても「タクシー拾おうか」なんて絶対に言わない【ぼく】


さらに拒む【きみ】に無理矢理キスをするなんて、なんだろうなこの確かで静かな色っぽさは。枕に拳をいくら沈めたって足りないよ。

 

君の声が愛しくて 何度も聞き返してる

怒り出したその声も 瓶に詰め込んでしまいたい

 

相手が怒り出してんのに「あぁ…愛おしい…」なんて、その声を瓶に詰め込んでしまいたいなんて、最強に変態で最高。100点満点中5000万点。あんたが一番。あんたが大将。


駅の明かりが近くなる 君の足取りが早くなる

行先は聞かないけど 僕も乗り込んでしまおうか

 

【ぼく】は案外駅の近くに住んでるんですね。立地いいよね?家賃いくらなのかな?

 

この二人の関係性とは一体……普通のカップルではなさそう。お互いの利害のみを考えて、必要な時だけ、そんな関係なのかな。

 

去るものを追いかける 来るものを拒んでる

「君のこと愛してる」ポツンとそう言ってみる


その「愛してる」は【きみ】には届いていないし届かなくても別にいい「愛してる」なんだろうな

 

その背中遠くなる そして誰もいなくなる

「君のこと愛してる」誰もいない夜に言う

 

途中で後ろを歩く足を止めてその背中を見つめてる。この音のない冷たくて黒い夜の中に【ぼく】の「愛してる」がすぐ消えて意味の無いものになっている

 

きみは振り返りもせずに 何もかも断ち切るように

後ろ髪揺らしていくよ 瓶に詰め込んでしまいたい


きっとこの二人の「関係」はこれで終わりで。前を見て振り向かない【きみ】と関係を繋ぎ止める方法が思い浮かばない悲しくて虚しい【ぼく】


関係ないけど高橋優は完全にポニーテール好きですよね。頭ん中そればっかりの中に出てくる女の人も髪長いし。男の人は揺れるものに惹かれるんだってさ。よし髪伸ばそう。

 

君の歩幅思い出し ぎこちない歩き方をする

街灯に導かれて あと少しで夜が明ける


【きみ】が居なくなったいま、その思い出す小さな歩幅が一番愛おしくてたまらないんだろう。 ぎこちない歩き方で一人家路に着く【ぼく】は泣いてるのかな。

 

拒む君にキスをするのに、離れていくその手を力づくでも握ればいいのに、それをせずにただその背中を見送って、誰もいなくなった夜に向かって静かに「愛してる」なんて、最高に切ない。

変態臭くてお腹の中にドロドロしたものを飼ってるダークな高橋優を感じられて喉の奥がゾクゾクする反面、とても切なくて愛おしくなる。暗くて冷たくて深い、黒の曲。

 

今夜も米がうまい。

 

 

拒む君の手を握る

拒む君の手を握る

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250





 

「冷たい水をください」から十数年、 彼らはまた水を欲していた。

 

 

zombies are standing out / ポルノグラフィティ

f:id:Okometabenayo:20180929203706j:image

 

「 かっこいい 」の渋滞が歌詞やらメロディラインやら、あちこちて発生していてもう全然前に進めない。先が見えない。知っていたはずだ、ポルノグラフィティというバンドは振り幅がものすごくあって引き出しが鬼のようにあるということは。

 

それにしたって大草原の小さなブレスからのゾンビには腰が抜けるかと思った。

 

 

岡野さん「 ポルノグラフィティは丸くなんかなってない、尖ってる部分が見せられたらいいなと思って曲を作った。」

 

いや、めちゃくちゃとんがってる。

生半可な気持ちで近付いたらダメだよ全身太めの棘で串刺しになるよ血だらけになるからね

 

個人的には「 DON’T CALL ME CRAZY 」を初めて聴いた時のようなあの感覚に近いものを感じた。世間のポルノグラフィティってなんとなくふんわりした丸っこい音のバンド、みたいな印象あるじゃないきっと。でもな、こんなに鋭角な角がついた音も出せるんだぜっていうことをその辺を歩いている自称音楽好きに小声でこっそりと知らせたいと思った。

 

もう、ちょっとしたヘッドフォンで聴いただけでこんなに気持ちが高揚しているんだからライブで生の音を聴いたら心臓をガシッと鷲掴みにされて、下手したら潰されかねない。音に圧倒されるのって最高に気持いいよね想像しただけでも口角が少し上がってにやにやしちゃう。

 

岡野さんのいつものようなパーーーンッ!と声を前に出す歌い方じゃなくて体の芯にグッと力を落とし込んで歌うみたいな歌い方もたまらん。好き。

 

「 神の祝福を受けられるようにイィ~~~アイスティ~ 」って聴こえてるのは本当はなんて言っているのだろうか。早く歌詞サイト見にいこう。正直に言うと曲名見た時「……なんて読むの……」って思うくらい英語力が無に等しい私には英語の歌詞はなんて言ってんのか殆ど分からないしアイスティーはアイスティーにしか聞えない。そんなのは本当に申し訳ないので早急に調べて早急に訳そうと思います。

 

みんな、勉強はちゃんとしような。

 

 

 

晴一さん「すたんでぃん あう すたんでぃん あう」

わたし「え?もう一回言って?」

 

 

懐かしくて新しいゴリゴリのサウンドに乗っかった新藤節全開の歌詞は最高に美しくて声に出したい日本語。こうなったら強い。強いぞ。最新作が最高だと思えるなんてそんなそんなかっこいいことあります?今度のツアーで聴けるのが楽しみで仕方ありませんよ。課金よ課金、気持ちの良い散財よ。

 

 

 

 

誰かポルノグラフィティにそろそろ水あげてください

 

 

おかえりと言ってくれる高橋優に花束を

 

 

 

好きな曲を割と真面目に気持ち悪く紹介するシリーズを始めました。最初で最後かもしれないけどとにかくやりますお願いします。

 

 

 

 

今回はこちら      

 

おかえり / 高橋優 

 

おかえり

おかえり

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250



 

 

高橋優 BEST 2009-2015『笑う約束』に収録されています。こちらの曲、聴くと高橋優と同棲している気分になれます。

 


高橋優「おかえり!今日はどんなことがあったの?」

 


高橋優がミトンを装着したままエプロン姿で出迎えてくれます。きりたんぽ鍋を用意して待っててくれます。オレンジ色の暖かい色をした、小さなお家に帰って来ます。ただいま~!!

 

 

 

高橋優「 世界中の人達が君のことを指さし蔑むような日が来たら隣でぼくもさされてさ、「やばいね」なんて笑っているよ 」

 


浮かんでくるもんね?「うわ~!これはやばいね~!」って笑う高橋優の顔が。「 世界中の人々に指さされて蔑まれるような事態ってどんな事態だよ、お前何したんだよ、 」という類のツッコミは受け付けておりません。そのさしてきた指を空に向かって折ります。

 

 

 

高橋優「 どんな高級なお店の味よりも君と囲める普通の食卓が世界で一番愛おしい。ありがとう、巡り合わせてくれて。 」

 


一番にして既にわたしの幸せのキャパシティがオーバーしそうです。なんでも作ったもの「 美味しい、美味しい 」って食べてくれるんだろうな高橋優……コンビニのおでんとかでも「 二人で食べたら美味しいね~! 」って食べるんだろわかるよ、ちなみに私はちくわぶが食べられない。ありがとう、巡り合わせてくれて。

 


高橋優「おかえり、嬉しいよまた君に会えて」


本当に常にこんなこと思ってそう。すごく、奇跡とか当たり前のことに感動して感謝して心震わせてそうだもん高橋優。

 

高橋優「 流行りのアイドルやモデルよりもありのままで微笑んでいる君が世界で一番可愛い。ありがとう、生まれてきてくれて 」

 

ま、待ってくれ~~~~!!!キャパオーバーだ~~!!こんな人本当にいるの~~!?多分産まれてから死ぬまで出会えない確率の方が高いよな~!?出会う前に雷に打たれて死んでしまう確率の方が高いよな~~~!?!?

 


しかもこのときの高橋優、絶対微笑みながら歌ってるんですよ…「 可愛い 」って歌ってるときの声が笑ってるんです。歯が、声が、笑ってるの。こちらこそありがとう…生まれてきてくれて…本当にありがとう………

 

 

 

そんな感じで幸せのキャパシティがオーバーして悶絶してると突然、

 

「もしも僕じゃない誰かと君が幸せになる時が訪れても…」


おぉ…どうした急に…そのとき仏の高橋優はどうするの…


「どこかで願っているよ」


えっ……


「君が笑顔でいられますように」


…………無理……………………………………………


もしも別々の道を歩いて行くとしてもその人の幸せを祈れるなんて高橋優なんなの…?これまでどれだけ生まれ変わってから高橋優になったの……?さすが良心と優しさを擬人化した眼鏡だな……………好き……

 

最後のララララララァ↑~~おかえり~~おかえり~ィィイイ~↑~フウゥウ~~~~も良い。

 

 

とにかくリアル


情景も心情も全てがリアルで浮かんでくるでしょう?高橋優ってこんな人なんだなって。あれ?わたし高橋優と同棲してる?と思うでしょう?隣同士で一緒にご飯をめん棒で半殺しにして、一緒にきりたんぽ作ってるでしょう?

 

あったかくて幸せな気持ちになりたいひとに

是非聴いてもらいたい。


みんな、高橋優と同棲しようぜ。