CANDY

愛はどんな味でしょうか?

前回で割と冷めた原作厨が銀魂2を見に行った話

 

f:id:Okometabenayo:20180817162557j:image

 

 

銀魂2 ~掟は破るためにこそある~

 


舞台挨拶行く気満々だった脳内おめでたお花畑オタクは当然の如くチケットが用意されない現実を受け流し、泣きながら初日の一番初めの回で見てきました。

 


正直に言うと前回は

トータルで星5つ中星2.5くらいでした

 


冒頭のかぶと狩りシーンで満足してあとはうんまあそうですね柳楽の前髪が美味しいなくらいの感情で過ごしていた感じです。


全ては柳楽優弥が三次元の土方十四郎であるという奇跡があとの足りない星を埋めていたようなもので、今回その土方がほぼ主役の「真選組動乱篇」だと知ったとき、嬉しさよりも「うわ~!!頼むから某監督前回みたいな謎の新訳しないでくれ~!!」って思って。あぁこの感覚だったんだ前回が受け入れられなかった人達の感覚は、と少しわかった気がしました。

 

とにかくあんまり期待し過ぎず「これはお金のかかった二次創作…これはお金のかかった二次創作…」とブツブツ唱えながら行ってきました

 


感想は個人の意見及びバリバリにネタバレしてます。柳楽優弥贔屓にならないように頑張ってますが抗えてない所も多々あります。これから見る予定のあるひとはここでさよならバイバイしてください

 

 

 

 

 


まずいきなりお登勢さん登場。

えっこれだけ?緑子さんこれだけなの?って思うくらい一瞬のご出演だったにも関わらず半端ない存在感。発声が違うわ。銀ちゃんより強いお登勢さんが出てて良かった。あれ?キャサリンは?


お金ないから家賃払えないし米もない!仕方ない!バイトしましょー!って長澤妙ちゃんが働いている佐藤二朗さんが店長のキャバクラにとりあえず来てみた万事屋三人。


そしてはじまる佐藤二朗さん劇場

周りのみんなが笑いを耐えられなくてお口むにゅむにゅしてるの見るとつられて笑うからやめて会場もざわついてたからやめて 逆に佐藤二朗さんの笑いが分からない人には辛く長いものになると思うこのシーン…いやでも飲み物飲んだらダメだよこのシーン…


佐藤店長「 これから幕府の偉い人が来るんだけど女の子みんな風邪で居ないから最低でも五人、十人、百人くらい女の子呼んでほしい。」

 

小栗銀ちゃん「いや無理」

 


そこへサクッと天井からさっちゃん登場( なんでこの時さっちゃんは銀ちゃんに向けて武器飛ばしたの? )夏菜ちゃん最高だった。色々研究してきてくれたんだ。色々ごめんありがとう本当に。

 

続いて岡田桂将生登場。

前回でも思ったけど動画で見ると一番近いと思うな桂、真面目な頭の良いアホの完成度が凄い。

「女装したら割といけると思うよオレ」

桂もお金ないから女装してバイトしますとのこと。

 


もう緊急事態すぎておかしくなった佐藤店長、みんなに無視されて泣いてた白塗りの橋本神楽も加わってもらってお妙ちゃん入れてなんとか四人集まった。岡田将生が綺麗でデカい。


佐藤店長「半分はバケモノだからすぐ変えられそう…あと二人くらいほしい」


小栗銀ちゃん「いや無理」

 


そこへ堤松平片栗虎登場

ほんとに全然原作に寄せてないし寄せる気無いしただのふざけた堤さんなんだけどあまり違和感なくやってのけるのは堤さんの力だなと思いました。

 

一瞬で小栗銀ちゃんと菅田八も

不可抗力で女装して頭数を増やすことに。

 


小栗銀ちゃん「銀子で~す」

菅田八「パチ江で~す」

わたし「銀子ムキムキだな抱いてくれ」

 


堤片栗粉「お前らもおいでよ」

中村局長「あれ?見ない顔沢山いるね?」


真選組登場~

いやこのひとたち並ぶとかっこいい…

盲目のオタクは思わず口を手で覆った。

 

やばいよ真選組に正体バレたら絶対馬鹿にされるしもしかしたら逮捕されるかも!どうするの!銀子! !!

 

小栗銀子「しゃくれてろ」

 

そしてみんなでしゃくれるんですけどみんなほんとに漫画みたいな顔になってて笑った。このあたりの笑いのテンポはアニメっぽくて普通に見てられました前回はこういうテンポが無くて見にくいなぁと思ってたので。

 


歩く彫刻吉沢沖田「いいメスブタがいるじゃねーか」

世の中の女子「ギャァァァ!!!!!!」

わたし「ギャァァァ!!!!」

さっちゃん「ふごふごふご」 


なんやかんや遊びに来たんじゃないんだと外に出ていくチーム真選組、ふとした瞬間の中村近藤さんの優しそうな顔な。あと柳楽土方はなんでそんなに煙草咥えたままべらべら喋れるんだ本当にくっ付けたのか…と思ってたら台詞曖昧だけどこのシーンの辺りの「いやそうもいかねぇ」がちょっとほにゃほにゃしてて可愛い…って頭抱えました。

 


ドドーーンッと将軍勝地涼登場。

無駄に通る良い声と滲み出るお育ちのさとちょっとアホっぽい雰囲気が将軍そのものでオラァ感動しただよ。もっさりブリーフ姿も原作読んでるのに全裸になったとき余りにもモザイク小さすぎて慌てたし千年に一人の美少女の前でそんな格好していいのかよ将軍。

 

 

外を見張る吉沢沖田と柳楽土方

 

人間国宝の無駄使いシーンののち、


柳楽土方「キャバクラとかどうかと思うよ?

攘夷浪士が集まってきたらどうすんの?」


吉沢沖田「だったら見回りしてくれば?」

 


この時既になにやら企んでる様子の吉沢沖田。そんなのには気付きもしないぽやんとした柳楽土方はちょっと面倒くさそうに一人で見回り開始。

 

歩き出してすぐに宇宙銃みたいなのでビビィッと首筋を撃たれるぽやんとした柳楽土方


柳楽土方「イッテェ」


そう、ヘタレたオタクの原因が妖刀じゃなくて創り出されたチップになってたんです、それが首筋に埋め込まれたんだって。前回も紅桜で妖刀だったから?えぇ…?割といいじゃん…?いいよ…?このままいってみよ…?


そして大量の攘夷浪士に囲まれる柳楽土方、前回よりお金も人数的なところも増えてる気がしたました。


「行くぜェェェエエ!!!!」の前になんか言ってたんだけどそれがすごく中井さんの声に聴こえてしまって私はついに幻聴が聞こえ始めたのかと思う程、次に見に行く時もう一度確認したいと思います。( 確認したところそうでも無かったです。)


突然ヘタレてしまって綺麗な土下座で助けを乞う柳楽土方、ここで柳楽優弥は目は戸惑いながら口はヘタレたこと言ってる演技をしてるんですがそれが…すごい。柳楽優弥すごいぞ…(小並感)


ヘタレ「TSUTAYAのカードは勘弁してください…ビデオ借りれなくなっちゃうんで…」

わたし「待ってくれ可愛い目がくりくりだ」


なんてことを言っても許してもらえる訳もなく、サイズの少し小さい柳楽土方は大量の不逞浪士達に石ころのようにボコボコにされてしまいます。ていうか寒そうすごく寒そう。好きなキャラがピンチの時に煌めくわたしは盛り上がる一方。 


やめてー!!!だれかー!!!!


そこへ颯爽と三浦鴨太郎登場。

登場して三秒、もうアクションがかっこいい

立ち振る舞いが綺麗、声も綺麗、顔も綺麗。好き。


三浦鴨太郎の「土方くん」の言い方、

うわー!!!みんな自分の耳で聴いてきてくれ頼む!!

 

 

 

その夜屯所で三浦鴨太郎おかえりパーティー開催。柳楽土方と三浦鴨太郎は何だか関係が良くないらしく、そのせいで中村近藤さんともなんだかギクシャクしちゃう柳楽土方。

このシーンみんなはお酒飲んでるんだけど吉沢沖田だけストローでオレンジジュース飲んでます可愛いです。

 


戸塚山崎「頭も良くて剣も強いからって、入って一年足らずで参謀なんて新しい役職与えられちゃってさケッケッ」


三浦鴨太郎本当に上手いな~感情の起伏がないセリフの言い回しとか温度の無い冷たい目とか声の出し方とか顔が綺麗… 


そして三浦春馬柳楽優弥が同じタイミングで台詞を言い合ったという長い廊下のシーン。良い。よかった。このあと大変な何が起きそうな予感。

 

 

一方、万事屋三人は相変わらずお金ないので散髪屋の留守番をしてます。前日にキャバクラのバイトして次の日散髪屋のバイトなんてめちゃくちゃハードだな、と思ってたらまた柳楽土方と吉沢沖田が登場。実写のこの二人ほとんど身長差無くてちょっと小さめだから並んで歩いてたり並んでたりするとウフフってなるねうん。

 

何故かまた将軍がやって来て、菅田八がゲロ吐いたり橋本神楽がゲロ吐いたり髷落としたり将軍の顔の形変えたり💩乗せてなんとか乗り切った万事屋三人。いや全然乗り切ってない。ここの菅田将暉のツッコミすごい面白かったと思ったら殆どアドリブだったとか。さすがアカデミー俳優だぜ。

 

 

その頃、近くのファミレスで時間を潰す柳楽土方と吉沢沖田。ここで吉沢沖田の説明により「会議中にアニソンの着メロを流す」「ToLOVEるってちょー面白いよね」「拷問部屋が修学旅行の夜と化した」など土方のヘタレエピソードがヌルッと回収されてしまいます。えっこの辺やらないんだ…そうかそうだよねキャバクラ長かったもんね…佐藤二朗てめぇ…

 


柳楽土方「なんかヘタレた部分が出てくるんだよね」

吉沢沖田「土方さんは元々ヘタレでしょ」

ヘタレ「そうなんですよね…僕なんて…ぼくなんて」

吉沢沖田「アッレーー???wwwwwwこりゃ

ほんとに様子がおかしいわwww土方しねwww」

 


このシーンの吉沢沖田終始悪い顔しててときめいた。ヘタレたと思ったら土方に戻って、みたいな柳楽くんの演技もたまらんです。ヘタレと土方で目が違います。

 

柳楽土方「なんか首痛いんだよね」

吉沢沖田「どれどれ。うわなんか腫れてるわ。それじゃお使い頼むねぇ、ムーミン土方殺して」


その後、重役会議に吉沢沖田の策略のせいで遅刻してしまう柳楽土方。このシーンの柳楽優弥めっちゃくちゃ可愛いです、ウフフッエヘヘッて笑うんですけど土方十四郎の見た目でそんなに可愛く笑わないで死人が出るわって感じ。

 

そして自分がはめられていたことに気付く柳楽土方。吉沢沖田は三浦鴨太郎と組んでやがったんです。


ここの吉沢沖田の顔がすっごい面白い。練習したのかイケメン…原作より全然煽ってて笑った。焼きそばパン買ってこいよ~が消えててちょっと悲しかったけど別に本編と関係ないか。土方が遅刻すればなんでもいいんだもんな焼きそばパン買ってきても総悟食べないだろきっと。うん。これは二次創作。


そのあと朝から生テレビでトッシーと菅田八がバトってるのを意気消沈した小栗銀ちゃんが発見。トッシーのビジュアル神でしたありがとう。そして万事屋にトッシーが来ます。


「何言ってるんだよ坂田氏ィ~」

「この通り!正真正銘土方十四郎でござる!」

「働いたら負けだと思ってる」


などなど、ここのシーンで思ったのはアニメのトッシーは声が良すぎだなということ。( 動乱篇の中井さんの演技は最強だと思っているけど )良い意味で普通の声の柳楽くんだから余計にオタク味が増して良い意味で気持ち悪い感じが出てた。ただのオタクだわアイツ。カメラがびっくりしちゃうわ。

 


妖刀のせいじゃなくてチップのせいなのでなんとなくムロツヨシのところへトッシーを連れていく万事屋。これムロツヨシ出すためにチップにしたんだろって言われても言い訳出来ないよねいいけど。いいけど。

 

ムロツヨシ「チップだわこれチップのせいでヘタレたオタクになってるんだわ医者でも取れないわ」

万事屋「じゃ土方はもう帰ってこないの?やばくね?」


ここでいつものパロディ=実写銀魂みたいな謎のパロディが入ります、みんながコスプレしてるだけ、あとここの柳楽はただの炎尾燃です。アオイホノオ見てくれ。

 

色々やってみたけどやっぱヘタレたままだわどうする?って言ってたら急にタバコをふかすトッシー。この辺の土方とトッシーの変換?のタイミングがちょっとちょっと待ってくれよって思ったけどまあ大丈夫…

 


柳楽土方「この煙草が最後の一本だわ

これ終わったら土方十四郎居なくなっちゃう」


わたし「それだけは勘弁してくれ」

 

数十秒の間に煙草を吸い切る柳楽優弥の肺頑張れ

 

柳楽土方「お前らに頼みがある……

俺の…俺たちの真選組を…守ってくれ…!」

 


シーンが切り替わって戸塚山崎の身体に窪田万斉の刀が貫通します。戸塚ーーーッ!!!

 


このシーン全部よかった…戸塚山崎は前回のミツバ編の演技しか見てなかったので正直演技がゴホンゴホンゲホンだと思ってた。ここで謝ります。素敵なシーンでした。でもまあ窪田正孝に持ってかれちゃったな。「いまは…」って台詞言った瞬間の劇場がザワついたよ。

 

 

とりあえず最後の最後に柳楽土方に真選組を頼まれちゃったけどなんか乗り切れない小栗銀ちゃん。呑気に限定のフィギュア三体欲しいから手伝ってとか言い出すヘタレオタクトッシー。そんなトッシーを三人がボコボコにしてたら真選組のパトカーがやって来て「山崎殺されたからとりあえず屯所に戻ってきて!ほらはやく!副長も!山崎のところへ…!」

 

このシーンの小さめサイズの柳楽土方がグイグイと隊士にパトカーに押し込まれそうになってるのもときめいた。体格差フェチなのかもしれない。その後銀ちゃんに片手で引っ張り回される柳楽土方も可愛い。この辺もテンポもアニメと同じで見てて気持ちよかったです。あと運転する小栗銀ちゃんがイケすぎ。

 


近藤さんが一人で他はみんな敵っていう状態の列車になってるらしいよ!追いかけるぞ!オー!


黒い御旗、縮れ毛だらけの褌の下り、三浦鴨太郎と中村局長の良さしかなかった。アレ?これ銀魂?みたいな重厚感のあるシーンだったね。

 


そして歩く彫刻が歩いて登場。

 


歩く彫刻 「手ぇ離せって言ってんだ!!」

「そこを退けェ!!近藤の隣は俺の席だ!!」

「てめぇら全員…俺が粛清する。」


面倒な原作厨は「総悟は近藤さんのこと近藤って呼び捨てにするかな?」と思ったんですが見返したら原作でも「そこ」って言ってたんであんまり変わらなかったです、興奮してるもんなごめんな。吉沢沖田も個人的に前回は顔が良くても演技がゴホンゴホンゲホンだったので今回見て演技上手くなってる…!て思いました。上から目線でごめん。ブスは死んで詫びます。

 

真選組ターンは良かったなぁ…中村近藤さんも手前の綺麗な吉沢沖田の後ろでゴリラになってたしなにより演技が。銀魂大好きなひとが自分なりに作った近藤局長がちゃんと居たし吉沢沖田の良さが全て出されてた。顔、目、まつ毛、あれ?これ吉沢亮のプロモーションビデオ?って思うくらい。みんなが待ってた「死んじまいなァ」もスタッフ、吉沢、監督、全ての本気が詰まっていた。

 

吉沢沖田「死んじまいなァ」ぺろり

世の中の女子「御意」

 


そして万事屋+トッシーサイド。

カットだと思ってた銀ちゃんが土方の襟ぐり掴んで説得するシーンがあったのでオタクは歓喜しました。柳楽優弥声高くて良かったなぁヘタレ具合がわかりやすい声の高さだ…上擦って喋る感じが守りたくなるね養ってあげたい…そして小栗銀ちゃんは柳楽土方のケツ殴りすぎ…


なんやかんやあってトッシーを近藤さんのところまで無事に届けた万事屋さん。ここで華麗に橋本神楽は電車に乗り移っている模様。いいぞ、いいぞ。


近藤さんの想いを受けたヘタレたトッシーは無線を手に取り精一杯の気持ちを込めた演説をします。ここも良かったなあ…そしてまた急に煙草をふかすトッシー。あぁ、土方が戻ってきた。またここの転換がイマイチ…いや原作厨は黙ります…柳楽土方の演技は最高でした!目が変わるんだ!目が!声の低さも頑張ってた!

 

刀が抜けないのはヘタレが強過ぎるから?とにかくなかなか抜けない刀と三カットくらい使って戦う柳楽土方さん。火がついたままの煙草どこいったんや大丈夫か。

 


柳楽土方「んぐぐぬくくくぐぐぐ」 

小栗銀ちゃん「ね~早く抜いて~」

柳楽土方「黙りやがれ!!」

 

アニメでもなんですけど、この土方の「黙りやがれ」がすごく好きなんです。以上です。

 

柳楽土方「元気玉よぉぉおオラに力をオオォ」

わたし「私の元気玉も使ってください」

 

車の後ろの窓ガラス割って外に出て顔芸しながら声をからしつつ刀抜いて「 俺は…真選組副長、土方十四郎だァ!! 」の流れ最高でした。柳楽土方頑張った。原作厨はもやもやするかもしれないけど柳楽優弥頑張った。そしてパトカーの窓割って外に出てくるのを三次元でやるとめっちゃダサいということが分かった。ヌルヌル出てきた。

 


え?なんか鬼兵隊が江戸にいる将軍を狙ってるらしいよ?まじで?そしてまた謎のパロディパートによって江戸に戻る小栗銀ちゃん。本当にジブリ好きだなお前ら。笑ったけど。

 


ここから圧巻のバトルアクションシーンパート

吉沢沖田と橋本神楽の協力アクション、たしかに神楽だったら戦いに行くよね沖田がどうこう関係なく。スピード感が良かった顔もよかった美と美の共演。吉沢沖田は前回より表情筋がフル活用されてて良かったです。あと三次元ならでわの痛そうな演技?吉沢沖田背中切られるし、だんだん身体が重くなってきて、みたいなそういうの良いなと思いました。


江戸に居る窪田万斉と列車内の真選組が交互に魅せるアクション。窪田万斉は所作が綺麗。切り替えの仕方がかっこいいし目が忙しい。待って巻き戻して今のなんだったんや状態。

それから、極限の命のやりとりの中で笑ってしまうみたいな心理状態が好きなんですが柳楽土方がなかなかいい顔してたのでここでもまたきらめきます。三次元の土方は八重歯があるんだよずるいよね。後から聞いたんですけど柳楽優弥は殺陣で高まると無意識で笑ってしまうんですって。なにそれしんどすぎる。


そして真選組チームにも小栗銀ちゃんにもそれぞれピンチが。橋が爆破されて電車もボロボロ、三浦鴨太郎片手を失ってしまいます。回想シーン、チビ鴨太郎可愛すぎて可哀想。だれにでもわかるよその気持ち…一人じゃないよ鴨太郎……この辺もちゃんとヘリコプター居たし土方飛んでたし、みんな良かった。こんなところで死ぬな、いやどこでも誰も死なないでほしい…

 

何故小栗銀ちゃんと窪田万斉は別の場所で戦わなければいけなかったのかは謎だけどアクションは流石だったし「ござる」とか語尾に付けてるのにかっこいいとかなんなの窪田正孝恐ろしい子。 


三浦鴨太郎の最期、ちょっと泣きそうになりました。土方も鴨太郎も原作より人間っぽさが垣間見えてそれが余計辛かった。

「立て伊東」って言ってる時点で柳楽土方目が潤んでるし、その後も泣きそうじゃん……柳楽土方そんな顔しないで、三浦鴨太郎そんな顔して死なないで… 鴨太郎、最期は一人じゃなくてよかったね…最期の安心したような笑顔であぁ三浦春馬だったんだ…と思うくらい三浦春馬は伊東鴨太郎になってました……うぅ… なんで小栗銀ちゃんだけ通常衣装なんだよ… 

 


そして突然出てくる着流しの柳楽土方にときめきを隠せなかったです。マヨネーズを華麗にしまう動作が素敵でしたね。なんか顔スッキリしてるね?そのまま我が家に来てくれないか?

 

柳楽土方「全部背負っていくさ」

小栗銀ちゃん「( あいつなら大丈夫だわ )」

橋本神楽「マヨネーズ団子うめぇ」

 


死んだと思われて死体もないのに葬式をあげられる戸塚山崎。後半になるにつれてどんどん完全な山崎になっていったな戸塚くん。坊主が飲むミロ出てこないしとっつぁんの犬も出てこない、土方がバズーカで山崎をぶっ飛ばしたりも局中法度を読み上げることも無かったので「あ…あれ…真選組それでいいの今後大丈夫…?」って少し心配になったけど副長がみんなに愛されてるのは変わらなそうだったので良いです。いやでもううんなんでもない。


そして再びのお登勢さん。足早すぎ。

最後ドタバタで終わる感じ銀魂っぽくて良きでした。主題歌のbacknumberも歌詞がただの銀魂だしかっこよかった。CDも買います。小栗旬の歌が上手くなってて笑いました。おしまい。

 

 

 

 

結論、前回よりテンポよくて見やすかった。


もう一人の人格じゃない土方の中のヘタれた部分を強化しちゃうみたいな新訳は割と抵抗もなく…前回ほど大きな謎の解釈も無く…ちょっと真選組の堅さが無かったかな…とも思ったんですけど原作厨は黙ります、これはお金のかかった壮大な二次創作物だからね。

前回からビジュアルや演技は問題なくて、あとは脚本頼む~!という感じだったので今回はそれなりによく見られました。どうしても足りない部分はアニメ見るか漫画読むかしようなみんな! 前回で心折れた人も騙されたと思って見てみてもいいと思ういや騙されてるかもしれない。

 

 

推しに次元は関係ない、

ありがとうございました。

 

 

 

P.S. 高杉剛の船はなんであんなにラブホみたいな照明なんですか?高杉の趣味ですか?